いまさら聞けない「有馬記念」の魅力をレースクイーン阿久津真央が解説

12月22日はいよいよ第64回有馬記念。競馬界の1年を締めくくるビッグレースだ。だが、実はわかっていないビギナーに向けて、いまさら聞けない有馬記念についてのあれこれを、競馬に興味津々なレースクイーン大賞2017グランプリ・阿久津真央が噛み砕いて解説してくれる短期連載【第1回】。


はじめまして。グラビアアイドルをやっている阿久津真央です。

今度の日曜日、12月22日はいよいよ第64回有馬記念。今回は競馬界の1年を締めくくるビッグレース有馬記念について、毎日情報を紹介していこうというコラムになっています。私はこういうお仕事なので、当然ながら年末のボーナスはなかったけど、皆さんの財布の中のお金が少しでも馬券で増えるように…全力で頑張って調べていきますので、お付き合いください!

……とは言っても、実は私もこの秋から競馬を始めた超初心者。厳密にいったら、2年前に兵庫県にある園田競馬場のイメージガール『SKNフラッシュ8』の一員として活動させてもらっていたのですが、正直その時はお仕事という意識が強すぎて、あまり馬券を的中させることに燃えることができなかったんです。でも本来の私は家族で麻雀していたり、パチンコが好きだったりと勝負事が大好きな性格。レースクイーン時代に同じチームで活動していて、今でも仲が良いグラビアアイドルの川崎あやちゃんも競馬が好きで、バンバン馬券を当てている姿に私も「競馬やったるでー!」と火がついた感じです(この前、2人で大井競馬場に勝負しに行きました。負けちゃったけど……)。ですので、私も調べながら読者の皆さんと一緒に勉強していこうと思います!

では有馬記念について説明しましょう。有馬記念といえば競馬をする人もしない人も1度は名前を聞いたことあるレースだと思います。スポーツ新聞を子供の頃から見ることが多かったので、冬になると1面に出てくる"有馬記念"って言葉が、自然と刷り込まれていたのかな。

有馬記念を簡単に言えば、競馬界の1年を締めくくる1番大きなレース。『これで正月が迎えられる』昔っぽい言い方だけど有馬記念は出走する馬も名誉だけど、馬券を買う人にとっても特別なレースで、「当てて1年を締めくくろう!」というのが、1つの文化になっちゃうくらい。年末ジャンボ宝くじのように、普段あまり買わない人も、つい買ってしまうような名物レースなんです。

ちなみに有馬記念は、"世界一馬券が売れるレース"としても知られていて、96年の売上はギネスにも載っているそうです。その額はなんと875億円。50mlの液体のムヒが大体1億本買える計算。ムヒのプールが作れます。想像しただけで寒気が止まりません(笑)。

勝ち馬も歴史を作ってきた名馬ばかり。シンザン、シンボリルドルフ、オグリキャップ、ディープインパクト、オルフェーヴル、キタサンブラックなど、今でも語り継がれるような馬たちが、有馬記念を勝ってきました。どんな凄い勝ち方かというと…これから動画を探して見てみます☆

とにかく、すべてにおいてスケールが大きいのが有馬記念。当然ながら、今回も今年の競馬を盛り上げた名馬たちが一気に集合。白熱したレースを見せてくれそうです。

明日からは、そんな今年出走を予定している有力馬について1頭ずつ紹介していこうと思いますので、お楽しみに☆

阿久津真央
1993年12月24日大阪府生まれ。T162、B86、W58、H84。趣味:競馬、ダンス、ボウリング、洗脳ダイエット。夢:ムヒのCMに出ること。日本レースクイーン大賞2017グランプリ受賞。12/20 DVD『お願い!まお先生~先生と呼ばんといて』(ラインコミュニケーションズ)発売。その他の活動は本人Twitter(@mao_akutsu)にて随時更新中!


構成=中山靖大