ルックス、スタイル、筋肉…すべてが完璧なミュージカル女優【マッスル美女 FILE20】

昨今、韓国では健康志向が高まり、身体を鍛える人が増えている。韓国の各地で大小さまざまなボディビル大会や"美ボディ・コンテスト"が開催されており、ここから輩出された"マッスル美女"たちが脚光を浴びている。その筋肉美をもつ女神をシリーズで紹介する。


大注目のミュージカル女優の挑戦!

昨年10月、韓国フィットネス界に彗星のように現れたマッスル美女が注目を集めた。

彼女の名は、キム・ユリム。韓国で最も人気の高い美ボディコンテスト『マッスルマニア』で、初出場にしてフィットネス部門1位、ミズ・ビキニ部門2位、モデル部門3位と3種目入賞を果たして話題になった。

当時、韓国メディアはキム・ユリムの才能を絶賛。「ルックス、スタイル、ボディライン、筋肉、表情、ポージング……そのすべてが完璧だった。なぜ今まで隠れていたんだ?」(『スポーツソウル』)などと報じられ、一気にその名を知らしめた。

キム・ユリムが注目された理由は、その本業にもある。彼女は現在、ミュージカル女優として活動しているのだ。

韓国にはチアリーダーや大学講師、元アイドルなど、さまざまな本業を持つマッスル美女がいるが、ミュージカル女優のマッスル美女も珍しいだろう。

それだけにフィットネスに目覚めた理由にも関心が集まったが、ダンサーや舞台女優としても活動する彼女は「私にとってはフィットネスも芸術のひとつなんです」と語っている。

「フィットネスとは、自分の身体を芸術品に作り上げること。女優である私にとって、フィットネスは単なる運動ではなく、芸術のひとつなんです。大会では、たった20秒のステージのために数カ月から数年も努力しなければなりません。そんなところもフィットネスの魅力ですね」

ただ、大会までの準備期間には苦労も多かったという。

もともと体脂肪が多かったというキム・ユリムは食事管理も徹底し、鶏むね肉とサツマイモ、リンゴやプチトマトなどを食べて身体を絞ったと振り返る。

「こんなにきついバックステージは初めてでした。最もきつかったのは、有酸素運動ですね。体脂肪を減らさなければならなかったので、有酸素運動を1日3時間ずつ、それを3カ月間続けました。本当に退屈で、食欲との戦いも大変でした。

私はそれを、楽しいテクノ・ミュージックを聴くことで克服しました。それから、YouTubeでビクトリア・シークレット(米ランジェリーブランド)のファッションショーの動画もよく見ていました。完璧なスタイルのモデルたちを見るとモチベーションが上がるんです。“私もビクトリア・シークレットのモデルになれる!”と心の中で叫んでいました(笑)」

そんな努力の末に『マッスルマニア』で3種目入賞を果たしたキム・ユリム。ミュージカル女優から一転、フィットネス界で脚光を浴びているが、今後も挑戦したいことは多いと話す。

「さまざまな方面で活動するエンターテイナーになることが夢なんです。大きな目標は、映画やドラマ、CMなどに出演し、良い演技をする女優になること。ダンサーや舞台女優の活動も続けたいです。もちろん、フィットネスモデルとしても活動していきたいと思っています。『マッスルマニア』に出場したことで、ひとりの女性として自信が付きました。今後は韓国国内だけでなく世界的なフィットネス大会にも出場してみたい。さまざまな大会に出場して、フィットネスモデルとしても認知度をもっと高めていきたいです」

身体を鍛えたことで新たな可能性を開いたミュージカル女優の挑戦は、これからも続く。

参照記事:女優、チアドル、元アイドルなど『2018マッスルマニア』参加の“女神”たちを一挙大公開!!

Text=S-KOREA  Photograph= MAXQ MAGAZINE /s-korea.jp


美ボディすぎる料理研究家


2018年最高の美ボディ女優