堀田 茜の人生を変えた衝撃の映画とは?【未公開画像22点】

モデルとしての活躍を経て、最近では『世界の果てまでイッテQ!』などバラエティ番組でもその自然体なキャラクターで人気上昇中の堀田茜。ドラマへの出演を重ね、この10月公開の映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』では、映画初主演を果たした。人生を変えたある映画に出会い、それ以来、「あんな作品の世界の中に、女優として存在したい」と願い続けてきた彼女。その目標のために貫く"雑草魂"に迫る!


生半可な気持ちではないと知ってほしい

Q.映画初主演はいかがでしたか?
A.すごくすごく感慨深かったです。お芝居もコツコツやってはいましたが、主演映画のお話をいただけるとは思ってもいなくて。

Q.演じた主人公の香菜は、お見合いパーティで出会った”嘘つきオトコたち“の中から、"運命の人"を探すというキャラクターでしたね。
A.年齢も近く、一生懸命で前向き。私も"運命の人"に出会いたいと思うし、共感はしやすかったですね。映画の設定でもあるんですが、男性の嘘に気付くと、その場で「ダウト!」と指摘せずにはいられない正義感の人でもあります。私は空気を読みすぎてしまうタイプなので、見習いたいなあと思いました(笑)。

Q.香菜は、男性の嘘には厳しいけれど、実は自分も実家のお母さんには嘘をついていて……。
A.そうなんです(笑)。「嘘つきは嫌い!」と言いながら、自分の嘘には気付かない。女の子としてすごくリアルですよね。認めたくはないけれど、私もそういうところがあります(笑)。

Q.香菜は嘘を見破る鋭い観察眼を持っていましたが、堀田さんはいかがですか?
A.見破るのは苦手です。「いい人だな」と思っていた人を、「あの人には気をつけて」と周りから注意されることが多くて。言われてみれば「確かに……」と思い当たるんですが(笑)。映画には、結婚指輪の跡を絆創膏で隠してお見合いパーティに来ている男性がいるんですが、現実にもありそうだし、今後はチェックしようと思いました。

Q.現在はバラエティやドラマなど幅広く活躍していますが、それぞれの面白さや難しさは?
A.バラエティでは"そのままを出す"ことがようやくできるようになってきました。笑いは芸人さんに任せて、それ以外の部分で視聴者の方に楽しんでもらうために、自分が何をすべきかを常に考えながら、でも自然体でやるようにしています。お芝居はまだまだ難しいですね。自分が「こうやろう」と思っていても、実際の演技をモニターで見ると、表情も動きも思ったようにはできていなくて。監督から、自分が想像もしていなかったものを求められると、うまく対応できなかったり……それが悔しいんですよね。

Q.今回の映画でいうと、どういう場面で?
A.男性の嘘を指摘する場面が何回もあったので変化をつけることになったんです。最初は相手にビシッと言い切る感じ、次は"強い女性”のイメージで、次は強さの中に弱さを垣間見せて……という微妙なニュアンスの違いを求められたんですが、なかなか難しくて。逆に「今のすごくいい」と褒められても、どこがよかったのかが自覚できなかったり。でも、どんなに壁にぶち当たっても上手くなりたいから、”雑草魂”でやるしかありません。

Q.堀田さんから"雑草魂"という言葉が出るとは思いませんでした。
A.皆さんは本気で作品を作っているのだから、自分にできることは何でもやりたい。「モデルが気まぐれで演技に手を出している」と思われたくない、生半可な気持ちではないと知ってもらいたくて……。雑草魂という意識を持ってやっています。

Q.女優さんを本気でやっていきたいと思っているんですね。
A.映画が昔から大好きだったので……。

Q.ちなみにどういった作品が好きなんですか?
A.これまで何度も見ている「人生で最高の一本」は、高校生の時に見たショーン・ペン監督の『イントゥ・ザ・ワイルド』。アラスカの大自然の中で放浪する青年を描いた作品です。極限まで追いつめられることで生まれたリアルな演技に、本当に衝撃を受け、感動しました。「こういう作品の中に存在することができるかもしれない」と芸能界に入ったので、人生が変えた作品です。

Q.女優としての"野望"はありますか?
A.自信をもって「見てほしい」といえるような演技をしたい。女優さんは、「こんなことをしたら”イヤな女”と思われちゃうかな」というようなこともそのままできる、すごく面白いお仕事だと思っています。さまざまなタイプの役をやりたいですね。

Q.プライベートと仕事のバランスは?
A.「好きなことのために仕事を頑張る」と「”好き”を仕事にする」、どっちが幸せかという問いがありますよね。私は「”好き”を仕事に」したい。ワクワクしながら働けなかったら、心が死んでいくタイプなんです。せっかく大好きな仕事につくことができたんだし、そこは追求してゆきたい。仕事ばかりの人生になってしまいそうだけど、それも幸せですよね。


(C) Voltage (C)2019 映画「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」製作委員会
『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』
ボルテージ『恋愛ドラマアプリ』シリーズとして2015年から配信スタートし、今までにない“謎解き”ד恋愛ストーリー”が支持され、女性向け恋愛アプリゲームとしては異例の400万DLを超える大ヒットを記録した『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』が遂に映画化。10月4日(金)公開!
http://doubt-movie.com
Akane Hotta
1992年東京生まれ。2009年、第12回全日本国民的美少女コンテストに出場。以降、芸能活動を開始。'12年、立教大学ミスキャンパスで「準ミス立教」「ミスすっぴん美人」に選出され、'14年、雑誌『CanCam』の専属モデルに。『世界の果てまでイッテQ!』では出川ガールとして活躍。女優としてもドラマや映画に出演。映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』にて初主演。


Text=渥美志保 Photograph=井出眞諭 Hair&Make=大島清子(Lila) Stylist=津野真吾(impiger) 衣装協力:ブラウス¥28,000、スカートパンツ¥38,000(ともにラムシェ/ブランドニュース TEL:03-3797-3673)、サンダル¥6,400(ランダ TEL:06-6451-1248)、ピアス¥1,600 (マシェールコゼット/ヒストリエ TEL:03-6804-0415)、その他はスタイリスト私物