"芸能人顔負けのルックス"を持つオンライン・パーソナルトレーナー【マッスル美女35】

昨今、韓国では健康志向が高まり、身体を鍛える人が増えている。韓国の各地で大小さまざまなボディビル大会や"美ボディ・コンテスト"が開催されており、ここから輩出された"マッスル美女"たちが脚光を浴びている。その筋肉美をもつ女神をシリーズで紹介する。


美ボディトレーナーを窮地から救ったSNSの力

今回紹介するのは、パーソナルトレーナーとして活躍するファン・スヒョンだ。

黒髪のロングヘアとキュートな顔立ち、バランスの良いボディラインで韓国ネット民から「芸能人顔負けのルックス」と絶賛されるファン・スヒョン。昨年10月に開催された韓国最高峰のフィットネス大会『マッスルマニア』では、ミス・ビキニショート部門4位を獲得してその健康美が高く評価された。

ズバぬけた美しさから受賞後には複数のメディアがインタビューに押し寄せたというファン・スヒョンだが、話題を呼んだ理由はルックスだけではない。

実は彼女、ネット上のやりとりを通じて人々の健康を指導する“オンライン・パーソナルトレーナー”なのだ。

現在はインスタグラムを活用した独自のダイエット講座を運営しており、その評判は受講したユーザーから「確実な効果を実感できる」「本当にやってよかった」と絶賛の声が尽きないほど。

「受講者のアカウントにアップされる写真や映像の投稿をチェックして、その都度指導をする」というSNSの特性を生かした“ネットコーチング方針”は、講座の開設当初から話題を集めた。短期コースで定期的に受講者を募集するのだが、先着順であるだけに毎回応募が殺到するらしい。

それにしてもなぜ、ファン・スヒョンはSNSを使った指導方法を思いついたのか。彼女は「SNSが私を救ってくれたからです」と振り返る。

「以前はウェブデザイナーをやっていたんですけど、ある日体調を崩して“甲状腺機能低下症”と診断されました。ホルモンバランスの乱れから活気がなくなっていく病気です。代謝活動を抑制してしまうので、症状が出始めてからは体重もグンと増えました。憂鬱な闘病生活の中で思い立ったのが、SNSだったんです」

自分の辛い症状をSNSに投稿するようになってから、同じ悩みを抱えるユーザーから励ましのコメントが続々と寄せられたという。そのエールの数々はいつしか、ファン・スヒョンに病気を乗り越える力を与えた。

そんな彼女が真っ先に始めたのが、まさにダイエットだった。

「“人より代謝が良くない”というハンデがある中で完璧に管理ができるようになれば、ますます病気に打ち勝つ自信が持てると思ったんです。いざトレーニングを始めてみると、身体だけでなく心も晴れやかに、健康的になっていくのを実感しました」

トレーニングメニューももちろんだが、食事管理には何よりも力を入れた。朝はゆで卵とフルーツ、昼は玄米と赤身肉、夜はサラダやさつまいも、といった具合に身体づくりの基本となる献立をSNSに都度掲載したそうだが、感心すべきはそのレシピの豊富さだ。

「インスタグラムはいろんな人が見ているので、バリエーションには気を使いました。限られた食材でも工夫をすれば十分美味しく飽きずに食べられるということ、そしてその楽しさをみんなにも知ってほしかった。けっこう評判がいいんですよ(笑)」

インターネットが発展した現代社会ではSNSによるトラブルや問題も尽きないが、SNSはいくらでも人々に活力を与える手段になるとファン・スヒョンは話す。

「私は病気をきっかけにSNSに興味を持ったけれど、今思うと自然なことだったのだと思います。身の回りで同じ症状の人を何人も見つけることは難しいけれど、インターネットだとそれができる。実際に会うよりずっと多くの人とコミュニケーションを交わすことができるんです。

私は会ったこともない人たちから大きなパワーを貰って、こんなに成長することができました。だから、SNSを活用して人々のモチベーションを上げられるような“伝道師”になりたい。ダイエットに成功して自信もついたから、世の中の女性が自分の身体の悩みとしっかり向き合って、美しくなってゆく過程をこれからも見守っていきたいです」

SNSを通じて多くの人々と心を通わせ、現代のフィットネス業界に新たな可能性を見出したファン・スヒョン。ネット社会の発展がある限り、彼女の華麗な活躍は続くだろう。

参照記事: 9頭身のマッスル美女チョン・ヘビンが自宅で公開したものとは?

Text=S-KOREA Photograph= MAXQ MAGAZINE /s-korea.jp

【こちらの #マッスル美女 もおすすめ】
Jリーガーの元トレーナーは、愛酒家なのに完璧美ボディ!【マッスル美女34】
ピラティス界の美しきスターが舞台で泣いた理由とは?【マッスル美女33】