それは作られた神話。"3回目のデートでホテルに誘う"のはやめておけ!【神崎メリ⑥】

女性向けの恋愛指南書として今年発売された『魔法の「メス力」』(神崎メリ)。そこには「“3回目のデートでカラダを許す”は男に都合のいい作られた神話」「"ど本命”と感じられない相手と付き合うと、男は性格に関係なくサイテー男に豹変しがち」「既婚男性の不倫は“結婚生活の栄養剤”になってしまう」などなど、男が読んでもギクッとする鋭い指摘が多数登場する。そこで 著者の神崎メリさんに、男性向けの恋愛術を教えてもらった。今回のテーマは「“デート3回目でカラダを許す“神話」だ。


遊び人のコスト感覚が3回目の神話を広めた?

前回の記事では、「女性をイラッとさせる余計なひと言」がないだけで、その人は親近感を持たれやすくなり、モテやすくなる……という話があった。そこからさらにモテるためには、「下心があっても、それを見せずに紳士的に振る舞えることが大切です」と神崎さん。

「男性のなかには、女性といい雰囲気になると焦ってしまい、早々にボディタッチを始めちゃう人がいますが、そこはグッと我慢。軽々しく迫ってこないことで、女性は『この人ステキかも』と感じてくれます」

なお神崎さんの著書『魔法の「メス力」』には、「デートの3回目で女性は体を許す……というのは神話だ」という話が登場する。実際のところ、「3回目のデートまでに誘いがなければ相手は本気じゃない」といった話は恋愛アドバイスで見かけることも多く、3回目のデートは男女関係を進展させるうえでの分岐点とされている印象がある。

「それがなぜ3回目なのか、理由が分かりませんよね。ただ、遊び人の男性の中には、『3回もデートすれば、これだけお金と時間がかかるから』とコスト面の理由からカラダの関係を求める人もいますし、そこで誘いを断ったら音信不通になるような人もいます。なので私は、『デート3回目でカラダを許す』という話は、遊び人が広めた神話だと思っています。女の子側にも『3回デートしたら許さなきゃ』と思い込んでいる人がいるので、私はその誤解を解いていきたいですし、本の中では『3回目にホテルに誘われたらその男とは縁を切れ』と書いています」

男性の側でも「3回目に体を許す神話」を信じていて、「3回目だから誘わなきゃ」「3回目なのに何もしないと『気がないのかな』と思われそう」と心配している人もいそうだ。

「そういう心配があるなら、『付き合いたい』と告白をするか、『俺は君との関係を真剣に考えているから』といった意思を伝えればいいんです。相手を真剣に思っているなら、カラダの関係を急ぐ必要はまったくありません。相手への気持ちを示しつつ、コンスタントに連絡を続けられれば、お互い不安になることもないでしょう」

女性の側から聞く「何回デートしても手も握ってこない」などの不満も、そうした意思表示があれば回避できるとのこと。

「また、『3回もデートしたのに誘われなかった!』と女性が怒っているのだとしたら、その女性も3回目の神話を信じすぎているか、どこか焦ってるのかなと思います」

一方で男性の側には、言葉で告白する勇気がなかったり、それが恥ずかしかったりして、なんとかムードを作ってカラダの関係から……と思っている人もいるかもしれない。

「それはダメですね。お互いに遊び目的なら話は別ですが、『付き合おう』などの言葉もなく、いきなりホテル街に流れていかれたりしたら、それこそ『私って遊ばれているのかな?』と女性の側も不安になりますから」

神崎さんは「3回目のデートで体を許す=神話」としつつ、著書の中では「3ヵ月くらいはじっくり様子を見るべき」と書いている。その意見には、女性からも「3ヵ月も待てません!」という声が届いたそうだが、やはり焦らないことが大切だそう。

「相手が好きなら我慢をするのも苦じゃないと思いますし、恋愛を楽しんできた大人だったら、我慢も楽しみに変えられるはず。それは若い人にはない強みですよね。お互いに好意があるのを分かりつつ、あえてのんびりと恋愛をできる大人を目指してみてください」

続く

神崎メリ
ドイツと日本のハーフ。38歳。『姉ageha』などの読者モデルを務めるかたわら、男性心理と自身が提唱する”メス力”に基づいた恋愛指南のブログが25歳以上の恋愛や結婚に悩む女性たちから熱い支持を得ている。著書には6万部突破の『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』(KADOKAWA)があるほか、9月13日に新著の『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則』(大和書房)が発売。
https://lineblog.me/tokyo_nadeshiko/


「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! "最後の恋"を"最高の結婚"にする 魔法の「メス力」
神崎メリ
¥1,404 KADOKAWA

Text=古澤誠一郎



>>シリーズ【神崎メリのオトコ向け恋愛指南】

【関連記事】
「夕食、近所の焼き鳥屋でよくね?」がキレられる理由

妥協した女性と付き合う"サイテー男"のひどい仕打ちとは?

軽い気持ちで始ったカラダの関係、本気になるのは女or男?

特に35歳以上は注意! モテたいなら、余計なひと言は言うな!!