笑顔が技巧!? 優美なる秘書 Part.3

いつ何時もしなやかにボスの要望に応える技巧派秘書たち。Part2に引き続き彼女たちの素顔に迫る。

「ボスもわたしも初めての秘書。日々、ふたりで勉強中です」

不動産会社 部長秘書
三浦 彩さん

昨年、事務職から部長秘書に抜擢された三浦さん。実は部長に秘書がつくのが初めて、もちろん三浦さんも初めての秘書業務という、初めて同士。「私に務まるだろうかと不安だった」が、先輩に教えを乞い自己啓発本を読み、秘書の集まりにも積極的に参加。模索の毎日だ。今、一番難しいと感じるのが、「上司との距離の取り方」。「きっと経験が必要なんですね」。休日は映画製作に参加したりお花を始めたりとアクティブ。「仕事もプライベートもじっとしていられないんです」

Q. ストレス解消法は?
 A. コスメカウンターに行くなど、一日美容デーをつくる

Q. この人のもとで秘書をやりたい♡と思う有名人は?
 A. タモリさん。いろんなことを教えてくれそうだから♡

Q. あなたの仕事を寿司ネタに例えると
 A. ガリ。派手さはなくても、引き立てることはできます

「ボスには恋愛の相談もできちゃいます」

zetton 会長秘書
東城かおるさん

171cmの長身にモデル並みのスタイル。キックボクシングやゴルフなどスポーツ全般が得意で英語も堪能という東條かおるさんは、ゼットン稲本健一会長の秘書を務める。「会長は年の半分、海外出張なので、365日24時間、スマホのチェックは怠りません。それでも行き届かず、注意を受けることもしばしば。言わせてしまった......と落ち込みます」。一番の励みはボスからの言葉。「自分と働くことで君自身も成長して欲しいと。だから会長の期待に応えられるよう、頑張りたいんです」

Q. あなたの勝負鞄は?
 A. 祖父から譲り受けたPRADAのクラッチバッグ

Q. 憧れの男性ビジネスマンは?
 A. DMM.com創業者 亀山敬司

Q. あなたの仕事を寿司ネタに例えると?
 A. 金目鯛。生、炙り、昆布締め、しょうゆ、塩、寝かしても美味しい。
   好みで変化させられる、という意味で

「ボスとダイエット対決。勝負ごとはいつも負けてしまいます(笑)」

プロレド・パートナーズ 社長秘書
高倉 瞳さん

旅行会社での添乗員を経て、「10代の頃から憧れていた」という秘書の採用を探し入社した高倉さん。佐谷進社長の秘書を務める。「サッカー部のマネージャーもしていたので、人のために何かすることが好き」。会食の店選びも任されるが「一発でOKをもらえることが少なく」、ついには店を知るべく会食に同席するように。「会食はついていかないとわからないですね(笑)。忙しいなかでも、社長が細かくアドバイスくださるのは本当に嬉しいことです」

Q. これまでで一番辛かった失恋のエピソードを教えてください。
 A. 高校生の時、告白して付き合ったのに2日でフラれて、
   授業中大泣き。先生に心配されました(笑)

Q. 男性の香水で好きな香りは?
 A. クリニーク ハッピー フォー メン

Q. あなたの仕事を寿司ネタに例えると?
 A. 玉子焼き。その店の格がわかると聞いたことがあります。
   目立たないですが、会社の格をあげられる存在でありたいです

ゲーテ美人秘書12名の素顔をたっぷりおさめた、電子書籍がついに発売!

8年目を迎えたゲーテの大好評・秘書特集。今回ウェブで公開した才色兼備の秘書全12名の素顔をおさめた、豪華スピンオフ企画がついに実現しました!
お仕事モードとプライベートモードの両面を、余すところなく収録。あたなだけに見せる、とっておきのゲーテ秘書の素顔をご覧ください。