手の上で転がされたい!? 華麗なる秘書たちPART.1

ボスを高みへと連れていく、華麗なる羅針盤たち。強く、優しいだけじゃない、意外な素顔を知ればますますその手の上で転がされてみたくなる!?

相続診断協会 代表理事秘書 斎藤克衣さん Katsui Saito

 相続診断士という資格を広める協会で、小川実代表理事の秘書と広報を兼ねる。「代表はフルマラソンを完走してしまうほどの行動派。ひとりでも各地を飛び回って仕事をするスタイルなので、秘書とはいえ常に同行するわけではありません。その分、顔を合わせている時はしっかり意思疎通を図るよう心がけています」。ボスはものごとをきちんと言葉で伝えるタイプ。「スムーズにコミュニケーションが進むので助かります。これまでで一番嬉しかった言葉は、『何かあったら僕が責任を取るから、好きにやっていいよ』ですね」。

Q.お気に入りの街は?
A. 人形町。道を聞くとものすごく丁寧に教えてくれたりと、人情味溢(あふ)れているところが好きです。
Q.好きな入浴剤は?
A. SHIGETA ジェシーボックス。
Q.趣味/特技は?
A. 伝筆(つてふで)。心に響く文字を書けるようになるために習っています。礼状書きなどにも最適です。


シー・コネクト 社長秘書 花田絵美さん Emi Hanada

 ECサイト運営などを行うシー・コネクト、嶽本泰伸社長の秘書、花田さん。実は以前は芸能事務所のマネージャーだった。「複数人を担当したり、時間が不規則だったりして大変でした。今はひとりの上司をどう輝かせるかに集中できやりやすいです」。ひとりに仕えるとなると、相性が重要になる。「幸い、いい関係を築けています。社長のスタイルはスピード重視。業務の流れを読み、先回りして準備をします。意思決定が為された時、すでに実行のための準備が万端に整えられていると、『やった!』という気分」。

Q.寝る前に毎晩することは?
A. 家計簿をつけます。アロマテラピーの資格を持っているので、マッサージもします。ドビュッシーなどを聴きながら。
Q.人生で一番のドジは?
A. 休日なのに間違えて出社してしまいました。
Q.好きな男性のタイプは?
A. 冷静で誠実だけど楽しい人。大泉洋さんのファン。私も彼と同じ北海道の出身なので。


翔栄ウエルネス 社長室 社長秘書 槇谷由佳さん Yuka Makitani

「どうぞ、お身体にいいので飲んでみてください」と、笑顔で水素水を薦めてくれた槇谷さん。上海で中国語を勉強し、その後現地で働き、10年間の中国生活の後に帰国。高濃度水素水サーバーを扱う翔栄ウエルネスの宇佐神慎社長の秘書となった。「社長の平均睡眠時間は4時間ほど。それでも出社前にプールに行くパワフルな方です。もっと何事もバックアップできる秘書になりたいと思っています」と。さらに、来客に失礼な目線にならないよう「高いヒールは履きません」と、きっぱり。

Q.好きな入浴剤は?
A. LUSHの中から花びらが出てくるローズの香りのバスボム。
Q.趣味/特技は?
A. 茶道を4年続けています。秘書業務は人と接する時間も長く常に緊張。お茶の静寂な空間がストレス解消にもなります。
Q.寝る前に毎晩することは?
A. 10分間のストレッチ。デスクワークが多いので、リフレッシュできます。水素水も毎晩飲んでいますよ。


三井松島産業 会長秘書 重松千春さん Chiharu Shigematsu

 朝一番の飛行機で東京へやってきた重松さんは、福岡が本社の三井松島産業で串間新一郎会長の秘書を務める。「秘書の仕事のなかで特に好きなのが、会長のお供で月初めに神社に参拝することです。経営トップのお話を独り占めできる貴重な時間です」。プライベートな相談事は家族より先に会長へ。「問題を抱えていると『何かあった?』と必ず気づかれてしまうほどです。そんな勘のいい会長だけに、仕事の案件も報告前に確認されてしまう。それを先回りできる有能な秘書になるのが私の夢です」。

Q.ストレス解消法は?
A. 実家(農家)で、農作業に没頭する。
Q.これまでで一番つらかった失恋のエピソードは?
A. お互いに好意を抱いていた男性がいたのに、周りから囃(はや)し立てられて双方が意識しすぎて疎遠になってしまったこと。
Q.人生で一番のドジは?
A. お酒を飲みすぎて転び、両膝を激しく負傷。


NTW Inc. 社長秘書 石崎杏子さん Kyoko Ishizaki

 プリント基板商社NTW Inc.で安田隆社長の秘書を務める石崎さん。すでに5年目で「社長のことはたいていわかります」と微笑む。社長は出張が多く、月の半分は不在ということも多いが、好みの水の銘柄を用意し、ジム帰りに出社の際は部屋の気温を下げるなど、細かく気遣う。「元ラガーマンでアグレッシブ、何でもこなす方なので、たまに困った顔をしているのをお見かけすると、失礼ながらかわいいなあと」。

Q.寝る前に毎晩することは?
A. 足を上げ壁にかかとをつけながら、パックや読書をします。
Q.座右の銘は?
A. 留学先のホストマザーからの「Seize the day(今を生きろ)」。
Q.好きな男性のタイプは?
A. 知的なオタクの男性に、胸がキュンとします。


内閣官房参与 秘書 津島綾乃さん Ayano Tsushima

 国政を動かす総本山でもある官邸に詰め、総勢6名の内閣官房参与の秘書を務める津島さん。「私が担当させていただくのは主に飯島勲参与(元小泉純一郎首相主席秘書官)ほか2名の方です」。多忙な飯島参与とは朝8時半のスケジュール確認から始まり、終日、電話や来客応対に追われる。「飯島さんは仕事に関しては厳しいですが、根がとても優しい方。難しい案件を抱えていらっしゃるだろうなと、お好きなシュークリームやガリガリ君をお出しした時、ほっと和らいだ口元を見ると安心します」。

Q.寝る前に毎晩することは?
A. ベッドの中で次の日の予定を頭で組み立て、何を着るか考える。
Q.男性に連れて行ってもらって嬉しかった場所は?
A. 軽井沢高原教会のキャンドルナイト。
Q.これまでで一番つらかった失恋のエピソードは?
A. エイプリルフールに真顔で別れを切り出され、嘘だよと言われなかった。


Text=山内宏泰、今井 恵 Photograph=アライテツヤ
Hair & Make-up=シンマサトル、谷口祐里衣

*本記事の内容は2015年11月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。
'14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。('14年3月以前は原則、税込み価格)