ヘコんだ部下と行くなら! 東京ワインのあるお店3選【妄想案内①上司と部下の危険な情事!?】

いいワインあるところにいい男女あり、と誰かが言ったとか言わないとか。食が進めば話が弾み、いつの間にやら意気投合とはよく聞く話だ。東京でワインをセンスよく楽しめる名店たちで繰り広げられる一夜のおとぎ話の第1回は、「巨大セラーのあるワインバーに、丸の内商社マンが見た淡い夢」。明日は我こそと妄想しながら……。


「今晩ここのワイン、飲み尽くしますか(笑)」

目をかけている部下が仕事の相談を、と言うので、食事がてら聞くことに。楽ではない商社のタスクを手堅くこなす彼女を、ないがしろにはできない

「わぁ、ワインがたくさん!」

思惑どおり、入り口の通路が丸ごとワインセラーという店のつくりに圧倒された模様。訪れたのは、新丸ビル7階の「リゴレット ワイン&バー」だ。気の利いた料理を出す店で、開放的な雰囲気は、気を晴らすのにもいいだろう。何より彼女は無類のワイン好き。今宵は飲んで食べて話を聞こう。元ミスキャンという美貌ゆえ妻子持ちとしては下心を抑えるのに必死だが。

相談自体は背中押しひとつでカタがつくもので、すぐに自信を取り戻すと、ワインも進んだ。

「部長、次この赤、いいですか?」

「いいけど、3本目だぞ?」

ま、いっか。酔ってくれれば何かが起きる? なんて淡い期待も次の瞬間打ち砕かれた。

「マンスプレイニングという立派なハラスメントですよ!」

ワインのウンチクを語るや、えらい剣幕で怒られた。「詳しくて素敵♥」とはならんのね……。

「部長、ココを選んでいただいて本当に感謝します。また、いいお店、連れてってくださいね」

との展開。あれ? 脈アリ?


東京ワインのあるお店3選

1.リゴレット ワイン&バー

深夜営業で丸の内の夜を牽引する新丸ビル7 階「丸の内ハウス」のワインバー& カジュアルダイニング。カジュアルなエクスクルーシブのハウスワイン(¥2,500)や、日本を代表するソムリエ石田 博さんセレクトのワインなどを揃えており、セラーから直接手にとって選べる。

リゴレット ワイン&バー
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビル7F丸の内ハウス 
TEL:03・6270・0520 
営業時間:11:00~L.O.翌1:30(日曜・祝日はフードL.O.22:15、ドリンクL.O.22:30) 
休み:不定休(新丸ビルに準ずる) 
席:115席



2.ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC R restaurant & bar

東京で非日常を味わえる街、浅草から東京スカイツリーなどを含む都内の美しい夜景が一望できる「ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC」にあるレストラン& バー。鮮度をキープする特別なディスペンサーから供されるグラスワインは、飲み比べることもお薦めだ。

ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC R restaurant & bar
住所:東京都台東区雷門2-16-11 ザ・ゲートホテル雷門13F 
TEL:03・5826・3877 
営業時間:6:30~L.O.24:00 
休み:無休 
席:88席



3.神泉 遠藤利三郎商店

渋谷からも近く、良店の多い神泉エリアを代表するワインバー& ビストロ。吹き抜けの天井までいっぱいに設えた棚に、世界各国から厳選されたワインが揃う。強いワイン愛が感じられる空間。

神泉 遠藤利三郎商店
住所:東京都渋谷区神泉町11-9 ワインアパートメント1F 
TEL:03・6455・3460 
営業時間:18:00~フードL.O.23:00、ドリンクL.O.23:30(祝日はフードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00) 
休み:日曜 
席:29席


Text=髙村将司 Photograph=太田泰輔 Styling=石黒亮一 Hair & Make-up=Yoboon(COCCINA)