マッスル美女 FILE10 チェ・ギュジン

昨今、韓国では健康志向が高まり、身体を鍛える人が増えている。韓国の各地で大小さまざまなボディビル大会や“美ボディ・コンテスト”が開催されており、ここから輩出された“マッスル美女”たちが脚光を浴びている。その筋肉美をもつ女神をシリーズで紹介する。


早稲田大卒、会計法人代表の筋肉女子

今回紹介するチェ・ギュジンは、韓国メディアから“ハイスペック美女”として注目されている。早稲田大学を卒業し、修士号も取得。現在は会計法人の代表を務めているマッスル美女だ。

フィットネス大会での受賞歴も華々しい。

例えば、2016年には韓国最高峰のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』の上半期大会で、ミズ・ビキニ部門とスポーツモデル部門の2冠を達成。同年にラスベガスで行われた『マッスルマニア』の世界大会ではトップ10入りを果たしている。

また、今年4月に韓国で行われた『マッスルマニア』でも、ミズ・ビキニ・ショート部門とコマーシャルモデル部門で1位を獲得した。

高学歴の女性経営者でありながら、数々のフィットネス大会で入賞するマッスル美女でもあるチェ・ギュジン。こうした経歴に、女優顔負けといわれる端正な顔立ちも相まって、チャ・ギュジンはフィットネス界で大きな関心を集めているのだ。専門誌『MAXQ』の表紙や“ビキニ女神カレンダー”のモデルに抜擢されたこともあるほどだ。

そんなチェ・ギュジンが身体を鍛え始めたのは、趣味のゴルフがきっかけだったという。チェ・ギュジンは言う。

「ゴルフのために筋力を上げたいと思ってトレーニングを始めたのですが、それまで勉強ばかりしていたため、自分の身体が変化していくことに魅力を感じたんです。トレーニングをしている人ならわかると思いますが、はっきりと自分の身体の変化が感じられるのは、最高に感動する体験ですよ」

趣味の一環として身体を鍛え始め、トレーニングにのめり込んでいったわけだが、彼女はその美ボディを作り上げた秘訣について、こう明かしている。

「健康美を手に入れるためには、ストレスをためないことが重要。ポジティブなマインドと、規則的な生活習慣を持つことが大切です。ただし、運動をし過ぎるのもよくない。少しずつ、地道に、楽しく運動する習慣を身に付ければ、自然と結果はついてくるものです」

また、食事管理も怠ってはならないとチェ・ギュジンは強調する。

「私は、普段から食事にもかなり気を使っています。鶏むね肉や鮭でたんぱく質を摂取し、野菜もいろいろな種類を食べる。炭水化物は、主にサツマイモや玄米を食べていますね。お腹が空いたときは、水をたくさん飲んで我慢することもあるほどですよ(笑)」

こうした努力を続け、チェ・ギュジンは、今やフィットネス界から大注目を浴びる“マッスル美女”となったわけだ。

現在は会社経営にトレーニングと多忙な生活を送っているが、彼女は今後も健康美を追求していきたいと語る。

「運動で鍛え上げたこの身体は、今では私の最高の財産になりました。自分に自信を持てるようにもなりましたね。私は、運動は一生続けていかなければならない“宿題”だと思っています。これからも、もっとすばらしい肉体を作り上げられるように努力を続けていくつもりです」

その経歴と美ボディが関心を集めている“ハイスペック美女”チェ・ギュジン。彼女の健康美に対する探究心は、今後も尽きることがなさそうだ。


Text=KOREA編集部 Photograph=SPORTS KOREA


参照記事:「美ボディ女神カレンダー」が極上すぎる!!


韓国の釈由美子!? “美ボディすぎる女優”


ミスコン出身美女の筋肉女子


ペ・スヒョンの別名は、"運動するチアリーダー"