【バーチャルデート】ゴルフコンパニオンを頼んだら、こんな可愛いコが来た! ~熱狂ガール② 成瀬奈緒美さん~

心の奥底から熱くなり、異常に興奮し、熱中してしまう何かを持っている。見た目はキュートだが、人生を躍動し続ける”熱狂ガール”に迫るコーナー。2回目は、モデル兼ゴルフコンパニオンもこなす奈緒美嬢と妄想ゴルフデート。

ゴルフ練習場で待ち合わせ

待ち合わせ場所に現れたのは、成瀬奈緒美さん。

『ジョイゴル』に所属するゴルフコンパニオンで、普段はモデルもしている。身長169cmにハイヒールを履き、すらりと足が長い。

コンパニオンの派遣をお願いすると、希望の待ち合わせ場所で女性と待ち合わせる。ゴルフ場で、駅で、彼女の自宅近くのことも。いつもは早朝に待ち合わせて一緒にラウンドを回るが、今日はゴルフの打ちっ放しで、一緒に練習することにした。

「よろしくお願いします」

名古屋出身の奈緒美さん。野球は中日ドラゴンズ、サッカーは名古屋グランパスを応援している。

「スポーツ観戦が大好きなんです。多い時は週1回は球場観戦に行きます。実は今日の夜も東京ドームに行くんですよ」

名古屋弁、出ませんね、と言うと

「でらすごい〜、とか言いますよ?」

と笑われた。

海辺にあるゴルフ練習場・エーススポーツプラザ市川は、利用客は少ないが、都心よりも料金が安くてお得だ。クルマでやってくると、駐車場はほぼ満車。真剣に練習しているお客さんが多いらしい。

「さ、今日は特訓ですね!」

気合十分の奈緒美さん。

明るい笑顔だけど、ゴルフには本気……のようだ。

それぞれの更衣室で、ゴルフウェアに着替えた。ゴルフクラブを手に軽くストレッチをする。私服の大人っぽい雰囲気から一転し、スポーティな印象になる。白いシャツ、青いベスト。爽やかだけれど、オレンジのミニスカートが可愛らしい。

「ゴルフウェアって可愛いんですよね。お金もかかるけど、どんどん欲しくなっちゃいます」

奈緒美さんが初めてゴルフクラブを握ったのは7年前。親戚に連れて行ってもらい、大人のスポーツだと思って敬遠していたゴルフに初挑戦した。けれど全然打てなくて「向いてないな」と諦めてしまった。

本格的に始めたのは2年前。モデルの仕事を始めていた奈緒美さんは、怪我ができないことを理由に大好きなスポーツから遠ざかっていた。

「でも何か運動がしたくて……あ、ゴルフなら怪我しにくいかも、って思ったんです。前回とは違ってちゃんと教室に習いに行ったら、ボールに当たるようになりました。すぐにやる気になって、一式揃えちゃいました」

それからは月に3回ほどゴルフ場に行って練習をした。

「下手くそなんで、練習しないと」

やると決めたらハマる性格らしい。せっかくやるなら「趣味を仕事にしたい」と始めたのが、ゴルフコンパニオンだった。

「お声がかかると、朝暗いうちにお客さまと待ち合わせて、ラウンドに行って、半日一緒に回って、エンジョイゴルフします!」

少ない時にはお客さんとマンツーマンで回ることもある。グループで回る時には、お客さんとペアになって2対2のチーム戦を行うことも。

「それぞれのペースでボールを打ったり、ずっと一緒にいて打ち方を教えてくださる方もいます。うまくいったらハイタッチをして、失敗したら悔しがる。無邪気に子どもみたいな姿を見せ合える時間がすごく楽しいです」

『3度呑むより1日のゴルフ』、という言葉が好きだと、奈緒美さんが教えてくれた。早朝から一緒に行動し、年齢も立場もなくスポーツを楽しみ、喜び、悔しがり、同じテーブルでご飯を食べ、時には銭湯に寄って裸の付き合いをする。昔から経営者やサラリーマンが仕事相手とゴルフに行くには、それなりの理由があるんだと気づいたそう。

「ゴルフ場では嫌な人に会ったことがないんですよ。知らない人でもラウンドで会ったら自然に挨拶するし、みんな爽やかなんです。『ゴルフはマナーのスポーツ』って言われるのも納得です」

みんなで楽しく過ごしたいから、失敗しても、笑う。

「一緒にスポーツができるって、とても素敵なこと。それにおしゃべり好きなので、ラウンドの移動中にいろんなお話ができるのもゴルフのいいところ。人生の先輩方にいろんなことを教えてもらって、身体も使うし、頭も使います。終わったあとはすごく疲れるけど、それよりも楽しい!このお仕事ができて本当によかった!」

今は、スコア100切りを目標にしている。毎回、自己ベストを更新するつもりで、ラウンドに立つ。

「ゴルフが、好き」

奈緒美さんの三本柱は、スポーツ、料理、書道だ。

スポーツは見るのもするのも好き。ただしモデルの仕事があるので、自分でやるのはゴルフだけ。

料理は、両親が喫茶店をひらいていて小さな頃から身近だった。肉じゃが、きんぴら、ひじき。お母さんにたくさん教わった。大学では管理栄養学部で “食と健康と美" の繋がりをたくさん学んだ。今の自分のライフスタイルには欠かせない事ばかりだ。得意料理は和食とハンバーグ。

「ハンバーグって実は、ソースでごまかせるんです。固くなっちゃったらデミグラスソースで煮込めばいいし、塩味が薄かったら濃い目のトマトソースをかけると美味しくなりますよ」

当たり前のように言うが、アレンジが効かせられるのは料理のセンスと技術があるからだ。美味しくて身体にいいものが食べたいから、ジャンクフードはあまり口にしない。『人の身体はすべて口から入るものでできている』と、大学の先生から教えてもらった言葉を大切にしている。

そんな彼女のもう一つの柱が、書道。小さな頃から習っていた書道を今も続け、最近では子どもたちに教えてもいる。なぜ書道をするのか聞くと「おばあちゃんになってもできるから(笑)」。しわくちゃになっても、顔が見えなくても、字は美しくありたい。

「あと、言葉が好きなのかも。『ありがとう』『向き不向きよりも前向き』『継続は力なり』とか、言葉からは力をもらえる。だから書道が好きなのかも」

確かに彼女は、今日一日にいろんな言葉を教えてくれた。『3度呑むより1日のゴルフ』『ゴルフはマナーのスポーツ』『人の身体はすべて口から入るものでできている』……最近のモットーは、『パット・イズ・マネー』だと言う。ゴルフの格言のひとつだ。

「ゴルフも、料理も、書道もぜんぶ、もっともっと極めたい! 趣味を仕事にできるくらい、深く突き詰めたいんです」

運動で身体を、食事で体内を、書道で内面の美しさを磨き、モデルとしても輝く。すべてが繋がっている。

練習場を後にして、打ちっ放しに付き合ってくれたお礼にアイスをプレゼントした。

「やった、アイス〜!」

無邪気な笑顔で、大喜び。いろんな顔を見せてくれる。

「友達といる時は、お笑いキャラかも。冗談も言うし、すぐツッコんじゃうんですよ。ズバッと言うけど、怖くないですよ(笑)」

たしかに怖くない。むしろ明るく一緒に応援してくれる彼女が隣にいると、ゴルフも上達しそうな気がする。

JoyGOL
ゴルフ合コン、ゴルフコンパニオン派遣
住所:東京都港区赤坂3-21-5三銀ビル501
TEL:03・6277・7279
http://joygol.co.jp


Edit & Text=河野桃子 Photograph=田島雄一 Hair & Make-up=三輪昌子