"韓国のAYA"パク・オムジが韓国芸能人から愛される理由 【マッスル美女 FILE15】

昨今、韓国では健康志向が高まり、身体を鍛える人が増えている。韓国の各地で大小さまざまなボディビル大会や"美ボディ・コンテスト"が開催されており、ここから輩出された"マッスル美女"たちが脚光を浴びている。その筋肉美をもつ女神をシリーズで紹介する。


もともとは、体重も38kgしかなかった……

最近、女優の中村アンや土屋太鳳、森星などを指導するフィットネストレーナー・AYAの名を目にする機会が増えた。その指導実績と美ボディが話題を呼び、多くのメディアで取り上げられているが、韓国にも芸能人から信頼を集める美ボディ自慢のトレーナーがいる。

パク・オムジがその人だ。

ソウルでカフェを経営しながらフィットネス・トレーナーとして活動しているパク・オムジは、K-POPアイドルやタレントなど数多くの芸能人を指導した実績を持つ。現在も彼女のもとを訪ねる芸能人は絶えず、最近はアイドル志望生なども指導しているという。

「最初は中国のアイドルグループを指導していたんです。もともと中国語を勉強していたため指名されたのですが、この指導をきっかけに、韓国のアイドルや芸能人も教えるようになりました。特に女性を教えることが多くて、画面映えのする身体の作り方など、芸能人が求めるボディメイクを手助けしています」

韓国メディアにそう明かしたパク・オムジ。まさに“韓国のAYA”ともいえる経歴の持ち主だが、彼女はAYA同様、自らの美ボディも注目を集めている。

昨年4月には韓国最高峰のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』に出場し、ファッションモデル・ショート部門1位とミズ・ビキニ・ミディアム部門3位に入賞。メディアにも、「パク・オムジの完璧なSライン美ボディ」(『韓国経済TV』)などと取り上げられた。

「もともとはやせ細った体型で、体重も38kgしかなかったんです。それで健康のために運動をしようと思い立ったのですが、いざ始めてみるとその魅力にハマってしまって。自分に合ったトレーニングを見つけるために何ヵ所もジムを回り、解剖学の勉強もするうちに、すっかり運動にのめり込んでしまいました」

ただ、『マッスルマニア』に向けたトレーニングは、かなり過酷だったという。

「あの期間は本当に大変でしたね。一日に6~7時間は運動していましたから。つらすぎて、泣きながらランニングマシーンで走ったこともありましたよ。それでも一人で耐えて頑張って、大会で入賞できてよかったです。ウォーキングやポーズの練習も毎日1~2時間していましたが、そういった見せ方の部分も高く評価されてうれしかったです」

そんな努力の末に手に入れた美ボディも話題を集め、パク・オムジはトレーナーとしても注目度が急上昇。最近は「パク・オムジのボリュームUP」と題した運動や食事管理法を教えるYouTubeチャンネルも開設し、フィットネス・ユーチューバーとしても関心を集めているが、今後は生徒の身体だけでなくメンタルまでケアできるトレーナーになることが目標だという。

「例えばアイドルを指導する場合も、身体を絞って体重を落とすことだけが重要ではないと思うんです。私は彼女たちに、“ダイエットしなきゃいけない”と思って嫌々トレーニングをしてもらいたくない。自分の身体の変化を感じて、本当に運動を楽しんでもらいたいんです。運動を通じて、心まで美しくなるような指導をしていきたいですね」

生徒の心まで美しくしたいと話すパク・オムジ。その指導実績と美ボディはもちろん、そんな指導哲学も、“韓国のAYA”が多くの芸能人から信頼を集める理由のひとつなのかもしれない。

Text=S-KOREA編集部 Photograph=SPORTS KOREA


参照記事: 写真20連発!!  韓国で行われたマッスル大会の熱い現場を見よ!


韓国女性が夢見る美ボディ、ミン・ホンヒ


韓国TVショッピング界の完売美女