唯一無二の美ボディアナウンサー【マッスル美女 FILE22】

昨今、韓国では健康志向が高まり、身体を鍛える人が増えている。韓国の各地で大小さまざまなボディビル大会や"美ボディ・コンテスト"が開催されており、ここから輩出された"マッスル美女"たちが脚光を浴びている。その筋肉美をもつ女神をシリーズで紹介する。


別名"運動するアナウンサー"

今回紹介するパク・ジヘは、誰よりも華やかな経歴を持つと話題のマッスル美女だ。

大学時代にはモデルを務め、韓国で「針の穴ほど狭き門」といわれるほど入社が困難な一流企業に就職した。しかし、学生時代からの夢を捨てきれなかった彼女はアナウンサーに転身。現在はフリーランスで多方面に活躍している。

そんなパク・ジヘの別名は、“運動するアナウンサー”。

2017年に開催された韓国最高峰のフィットネス&ボディビル大会「マッスルマニア」でスポーツモデル部門の2位に入賞し、注目を集めた。現在はその美ボディを生かしてフィットネスモデルも務めている。

ちなみに、2016年の同大会では入賞こそしなかったものの、大会後に行われた年末の授賞式ではベスト・ドレッサー賞を受賞。ボディラインを引き立てる真っ赤なジャケットスタイルには絶賛の声が上がっていた。

もともと運動が好きで、学生時代にはヨガやポールダンス、バレエが趣味だったというパク・ジヘだが、鍛え上げた身体をステージで披露したいと思ったのはなぜなのか。

「あるとき、日常に疲れてタイに行ったんです。そのときパタヤで見た"アルカザール・ニューハーフショー"の虜になってしまって。それから自分もステージに立ってみたいと思うようになりました」

非日常の中で目にした華やかな舞台に自分自身を重ね合わせたわけだが、そこからの彼女の努力は相当なものだった。

大会前には毎日のトレーニングと食事内容を記録した運動日誌を作成したという。ノートには腕、腹筋といったパーツごとの詳細がびっしりと書き込まれている。

食事内容に関しては、食べたもののカロリーも欠かさず記録する徹底ぶりだ。鶏むね肉や鮭、牛肉をはじめとしたタンパク質中心の食生活はフィットネス界でもはや常識だが、パク・ジヘはこれに加えて"ヘルシーな炭水化物"と"良質な油"を積極的に摂っているという。

「筋肉を作るタンパク質を体内に維持するために、オートミールを30gだけ食べています。鶏肉を料理するときは必ずオリーブオイルと、オメガ3脂肪酸を使っています。脂肪を燃やすのに理想的な食事です」

現役アナウンサーとして活躍しながらマッスル美女としても注目されるパク・ジヘ。そんな彼女の強みは、なんといってもその"貪欲さ"だろう。

アナウンサーに転身した際には勉強不足を実感し、大学院に入学してトップの成績を収めたが、「マッスルマニア」への挑戦を決めたのも在学中のことだというから驚きだ。

パク・ジヘの前では、"マッスル美女"の肩書きですら通過点でしかないという。

「マッスルマニアで1位になることは最終的な目標ではありません。その後がもっと重要じゃないでしょうか? 大会での経験をアナウンサーの活動に生かして、スポーツの分野でどんどん活躍したいです。

2019年は、本も出したい。そして、講義や講演会も積極的に開催しようと思っています。私はたくさん試行錯誤する過程で多くのことを得たから、そんな私のエピソードを通じて多くの人たちに活気あふれるエネルギーを伝えるのが目標です」

自分自身の力で煌びやかな人生をスタートさせ、"唯一無二の美ボディアナウンサー"となった彼女の挑戦はこれからも続きそうだ。

参照記事: 【写真と動画で解説】韓国美ボディの祭典「マッスルマニア」を楽しむ方法


Text=S-KOREA Photograph= MAXQ MAGAZINE /s-korea.jp


美尻ボディを手に入れた元CA


美ボディすぎる料理研究家


ルックス、スタイル、筋肉…すべてが完璧なミュージカル女優