乃木坂46好きな私を受け入れてくれる優しい人が好き! 趣味はオタ活OLの私生活に接近!!

趣味を満喫し、私生活が充実することで、日々の仕事も頑張れるというもの。ワーク・ライフ・バランスという言葉が世間に浸透して久しいが、都内のオフィスで働くえりかさんも、趣味を楽しむことをモチベーションにして普段の仕事に奔走しているOLのひとりだ。【バーチャルデート17】


イベントやメイクで学生の就活をサポート

えりかさんが働いているのは、就職活動・転職活動のサポートや企業への人材紹介など、人材サービスを提供する企業。オフィスには毎日多くの人が訪れ、就職相談や同社が開催する就活セミナーに参加している。

えりかさんは営業事務として、学生に就活イベントやセミナーの案内をしたり、イベント当日の司会進行を任されたり、たくさんの学生と日々接しているという。これから採用面接を受けに行くという女子学生には、えりかさんが就活用の控えめなメイクをすることもあるのだとか。

最近の新卒採用は売り手市場が続いているそうだが、就職相談に来るのはどんな学生が多いのだろうか。えりかさんに聞いてみると「現実的で堅実な就活をする人もいれば、『内定はもらっているけど、もっといい企業を目指したい』という上昇志向の強い学生さんもいますよ」とのこと。

そんなえりかさんも、実はかつてこの会社の就活サービス「ジョブコミット新卒」を利用していたという。ほんの数年前、彼女も就職先を探す悩める学生の一人だったのだ。

「具体的に『この職種に就きたい』とかではなくて、『キラキラした仕事がしたいんです!』と言ったら、担当者の方を困らせてしまって(笑)。でも、『それならうちの会社で働いてみない?』と声をかけていただいて、せっかくのチャンスなのでこの会社で働こうって決めたんです」

まさかの企業側からのオファーで就職が決まったえりかさん。今では先輩社員からもかわいがられる愛されキャラとして、会社にもすっかり溶け込んでいるようだ。

憧れのアイドルを追いかけて全国に遠征!

そんなえりかさん、実は熱中している趣味がある。アイドルの追っかけをするオタク活動=“オタ活”だ。CDを買って握手会に参加し、ライブツアーが開催されるときは何公演ものチケットを買い、ペンライトを持って全国の会場に駆けつけているという。

また、ライブを見に行くときは“推しメン”がMVや歌番組などで着用しているものに似た衣装を用意し、コスプレも楽しんでいるという筋金入りのアイドルオタクだ。

「5年ぐらい前に雑誌で見てから、乃木坂46の白石麻衣さんの大ファン。見た目が完璧なのに気さくな人柄で、本当に憧れの存在です! 握手会にも行きますし、仕事の休みはライブのスケジュールに合わせて取っているんです」

曲が流れると、軽やかにステップを踏みながら振付を完コピ。えりかさんの特技はダンスで、3歳の頃から約10年間クラシックバレエを習い、その後はヒップホップダンスやK-POPダンス、大学ではチアリーディング部に所属していたという。

「今は仕事とオタ活が忙しくてダンスの時間が取れないんですけど、たまに友達と集まって趣味でダンスをしています」と楽しそうに笑う。通勤時間中に電車の中で乃木坂46のライブ映像をみて、振り付けを覚えているそうだ。

アイドル衣装のほかに、メルヘンチックな衣装にも着替えてくれたえりかさん。友人とディズニーランドに行くときの服装をイメージしたという。

実はえりかさん、一般人ながらInstagramのフォロワー数は1万人超え。オタ活のほかに、こうしたコスプレ風の服装を着たりインスタ映えするスポットに出かけたりしたときの写真に「いいね!」が多数集まっている。

「ライブや握手会がない時期は、休日は友達と過ごすことが多いですね。お洒落な雰囲気のカフェに行って写真を撮って、インスタにたくさんアップするんです。今はタピオカにハマっていて、いろんなお店のタピオカドリンクを飲み比べしています」

平日は仕事に精一杯取り組む分、趣味に没頭したり休日に出かけたりすることで、プライベートを充実させているようだ。もし恋人と過ごすなら、どんな休日を楽しみたいのだろうか。

「恋人にするなら、優しい人。彼がいてもオタ活はやめるつもりはないので(笑)、一緒にアイドルを応援できたら楽しいだろうなと思いますが、強制はしたくありません。ただ、アイドル好きな私を受け入れて見守ってくれると嬉しいですね」

彼女と一緒にペンライトを振りながら、ステージの上のアイドルに声援を送る。そんなデートも楽しいかもしれない。もちろん、一番の推しメンは隣にいる恋人であることをお忘れなく。

Edit & Text=芳賀直美 Photograph=梁瀬玉実 Hair & Make-up=三輪昌子