【豪邸特集】光と風を巧みに取り入れた6mを超える吹き抜けのある家

玄関からリビングへ続く階段を上がった瞬間、誰もがその空間に感嘆の声を上げるはずだ。6mを超える吹き抜けの片側を切り取るのは、規則的に木材を配した、美しくも大胆な天井。よく見れば、それは緩やかにカーブを描いている。実はこの天井の形こそが、この家の弱点を最大の強みへと変えた秘密なのだ。


都心で寛ぎを享受する溢れる緑と風を感じる場所

以前も、都心ながら溢れる緑を眺めるマンションに住んでいたという、IT系企業の役員を務めるS氏。戸建ても緑と抜け感のある場所にと、決めたのが公園に面したこの地。しかし採光に最適な南面はマンションが隣接していた。そんなS氏が依頼したのは、敷地の自然を巧みに建築へ融合させる作品の数々に「発想力が素晴らしい」と感じていた、NAP建築設計事務所・中村拓志氏だ。

「でも『南側をあきらめてしまいましょう』と言われた時はびっくりしました(笑)」

その潔さには大きな意味が。通常なら窓を設ける南側に階段や水回りを集約。代わりに公園に面した北と東に窓やテラスを配し、LDKに大きな開口部を設けた。そして北側の採光を得るために中村氏が着目したのが、真横に立つ公園のクスの大木と屋根の形状だ。

機能と美しさを兼ね備えた屋根の下で、最愛の娘さんと寛ぐS 氏。最上部の天窓から注ぐ光のラインが、天井のカーブをより印象的に魅せる。

クスは照葉樹とも呼ばれ、光沢のある葉は光を反射する。そこでクスという天然のレフ板に南側からの光を集めるために、屋根の縦中心部にかけてカーブをつけた勾配屋根を設置。南から射す太陽光は、屋根に遮られることなくクスの艶葉(つやは)を照らし、緑の柔らかな反射光となって室内へ注がれる。そして屋根のカーブは、吹き抜けを大胆に構成する美しいデザインとなった。

当初、吹き抜けがない床面積を最大限にとる案もあったが"遊び"がある現在の設計を選択。

「家をつくるならとことん好きなことをしたい。ある意味、趣味の世界と割り切ったほうがいいのではないか、と思ったのがこの形なんです」

空間のダイナミックさの反面、コテ跡が残る壁やツイード状の柄が彫られたチーク材の扉、鋳鉄にひとつひとつ革を巻いたドアノブなど、細部に人の手触りを大事にする温かさを感じるこの家。「何年、何十年と時を経ても、古さではなく味を感じる家にしたかった」というS氏の想いの表れだ。

どこにいても光と緑を感じる屋根の下、流れるのは家族との充足した時間。きっと10年、20年後、そこはS氏が願ったとおりの、時間が醸成した空間になっているに違いない。

<物件DATA>
所在地:東京都港区
敷地面積:165.43m2
延床面積:351.14m2
設計:NAP建築設計事務所

Text=牛丸由紀子 Photograph=藤井浩司(Nacasa & Partners)