スマートでユニークな新しい音楽の楽しみ方を提案するスピーカー【ゲーテの新定番】

エレクトリックミュージックの先駆者、ジャン=ミシェル・ジャールが開発に携わった、ミュージックライフ社のBluetoothスピーカー。その唯一無二のデザイン性はもとより、スペックの高さも特筆ものだ。


フランス発のBluetoothスピーカー

日進月歩で技術革新が起こる現在だが、音楽ほど目覚ましい進化を遂げた分野もない。ほんの35年前は大きなステレオとレコード盤が必要だったが、今では小さなスマホさえあれば大型レコード店で扱うすべての楽曲が聴ける。

2台のスピーカーをTrue Wireless方式で接続すればステレオ再生も可能だ。

フランス発ミュージックライフ社の「エアロブル HD1」は、そんなストリーミング時代に音楽を楽しむのにふさわしいBluetoothスピーカーだ。ブルドッグがかけたサングラス部がスピーカーというユニークなデザインだが、特筆すべきはスペック。200ワットもの高出力を誇り、高音質な圧縮方式aptXに対応。迫力あるサウンドを楽しめるのだ。

そう、今は部屋を占拠する大きなスピーカーさえも必要ないというわけだ。

W43.5×D67.0×H64.1cm。¥270,000~



問い合わせ
ミュージックライフ/モダニティ TEL:03-3585-4332


Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎