ネイビースーツ、大人の着こなし方とお薦めの4ブランド【鍵はトレンドをブレンド!】

スーツの基本は美しくきちんと装うこと。身嗜みは相手への敬意として伝わるからだ。そしてそこからもう一歩進め、ビジネスパートナーに愛されるには、的確に時代を捉えている証左としてトレンドを取り入れるべき。ベーシックな色柄ながら時代感が薫り、組みたいと思わせる。それは一目置かれる仕事服である。


ストイックさが誠実な印象を与えるネイビースーツ

ビジネススタイルの基礎となるネイビースーツは、制服然とした凛々しさが誠実感を醸しだす。トレンドである同系色柄をはじめとした目立ちすぎない柄、または正統なソリッドカラーでストイックに着たい。

GIORGIO ARMANI

クラシックなグレンチェック風の生地は、ネイビーの同系色で柄を構成することでソリッドかつモダンな雰囲気。薄く軽やかながらもハリのある生地であり、肩周りにほどよい構築感を備えたシャープなシルエットと相まって、凛々しさが引き立つ。襟羽根が小さめなシャツやネイビーのナロータイで、V ゾーンもストイックに。

スーツ¥370,000、シャツ¥62,000、タイ¥25,000、チーフ¥16,000、ベルト¥39,000、靴¥120,000(すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパンTEL:03・6274・7070)


RALPH LAUREN PURPLE LABEL(右)

直線的で主張性がある、厚めの肩パッドを凝らしたショルダーが特徴的なダブルブレストモデル。オリジナルのマット仕上げを施した、ネイビーストライプ柄のコットンシルクカシミア製で、しっかりとした風合いとしなやかさを併せ持ち、逞しいプロポーションを強調する。

ETRO(中)

高度な職人技を駆使した上級ライン「サルトリア・フェリーチェ」からの1着。生地はネイビーにパープルを組み合わせたプリンス・オブ・ウェールズチェック柄ウール。誠実感のなかに控えめな艶っぽさが薫り、印象に残る装いを演出する。

BERLUTI(左)

高密度でハリのある、最上質な日本製ウールギャバジンで仕立てたネイビーソリッドスーツ。肩パッドは薄めながら構築感あるフォルムが引き立ち、ブラックに近いミッドナイトネイビーも相まって毅然とした佇まいだ。

右:スーツ¥550,000、シャツ¥54,000、タイ¥22,000、チーフ¥17,000、靴は参考商品(すべてラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレンTEL:0120・3274・20) 中:スーツ¥390,000、シャツ¥39,000、タイ¥23,000、チーフ¥16,000、靴¥130,000(すべてエトロ/エトロ ジャパンTEL:03・3406・2655) 左:ジャケット¥333,000、パンツ¥112,000、シャツ¥46,000、タイ¥30,000、靴¥265,000(すべてベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスクTEL:0120・203・718)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃 Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)