古閑美保の常時100切りレッスン  ~パッティングのラインの作り方【ラウンド編②】

常にスコア100をオーバーしないように! ツアー通算12勝を誇り、2008年賞金女王に輝いた、 あの古閑美保プロに聞いてきた。ツアープロとしての豊富な経験に加えて、 引退したからこそ見えてきたアマチュアが上達しない原因を、 シチュエーション別に披露。 "コガミホ流"を会得し、常に100は叩かないようにしたい。ラウンド編2回目スタート!


私の狙い目は常にカップの内側

パッティングに関してプロの中にも常にオーバー目に打つタイプとジャストタッチで距離感を合わせてくるタイプがいる。よくオーバーすることが基本だと言われるが、実際はどのように考えれば良いのだろうか!?

古閑 パッティングの距離感って人それぞれの感覚がありますからね。感覚は人によって違うのは当たり前のことで、その人にとってのラインってあると思うんです。

編集部 古閑プロはどうやって距離感を作っているんですか?

古閑 私の場合は極端にうねっているグリーンは別ですけど、基本的には打つタイプです。要するにカップに入れるために、カップに対してどのようなラインのイメージを持っているかなんです。タッチで打つ人はラインがいくつも出てくるんです。

編集部 タッチで打つ人というのはジャストタッチで狙う人のことですか?

古閑 そうです。カップのどこから入れるかによっても、曲がる幅って変わるじゃないですか。だから傾斜や芝目によってラインのパターンっていくつもできてくると思います。

編集部 打つタイプの古閑プロは、ラインはいくつくらいあるものですか?

古閑 私の場合は多くても2つくらい。基本は1つか2つしかないです。私はしっかり打って、(カップの)内側、内側で打っていくタイプなんです。

編集部 どっちがいいんですかね?

古閑 どっちがいいかはちょっと……。どっちがどっちという言い方も変ですけど、自分にとってどっちが合うかでしょうね。だから私なんかはカップに蹴られるとビューンっていっちゃうタイプなんです。蹴られると加速もしちゃいますから。それでも打ちますね。

編集部 でもオーバー目に打つと返しのラインがわかるからいいとよく言われますよね?

古閑 ん〜、どうですかね。そうとも言い切れない部分はありますよ。私なんか、試合で結構4パットしていましたからね(笑)。ただ、入り出すと止まらないタイプだったんです。まあ、そこはタッチの人も同じだとは思いますけど。私の場合、モットーが「届かなければ入らない!」なんで。前へ、前へ、なので、パッティングもやっぱりゴルフの考え方なんですよ。

前回はこちら                        次回に続く

Direction&Text/出島正登 Photograph/小林 司



古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック