キーワード別 最新スーツ選び【まとめ】

どんなにドレスコードが変わろうとも、ビジネスマンにとってスーツが装いの要であることは変わらない。オフに着るスーツも注目されており、新しい季節の装いはまずスーツから揃えるのが賢明だ。俳人が四季折々の季語で歳時記を綴ったように、移りゆく季節を満喫できる最新スーツで、自分だけの歳時記=ワードローブを完成させたい。


進化し続けるダブルブレスト

どんなにドレスコードが変わろうとも、ビジネスパーソンにとってスーツが装いの要であることは変わらない。最近はオフに着るスーツも注目されており、新しい季節の装いはまずスーツから揃えるのが賢明だ。俳人が四季折々の季語で 歳時記を綴ったように、移りゆく季節を満喫できる最新スーツで、自分だけの歳時記=ワードローブを完成させたい。


スリーピースの貫禄を手にする

威厳と風格を演出でき、ジャケットを脱いでもエレガンスが保てるという実用性も備えたスリーピースが、近年見直されている。Vゾーンはもちろん、小物類に至るまで計算し尽くしたコーディネイトを心がければ、人の上に立つポジションにも通じる貫禄が纏えるはずだ。


都会派コーデュロイのすすめ

今季のスーツ&ジャケットにおけるトレンド素材となるコーデュロイ。英国カントリーのイメージが強いカジュアル素材だが、柔軟な上質素材を吟味し、全体の色調を絞れば都会的かつモダンに着こなせる。ビジネスにも活用できるゆえ、ぜひトライしてほしい。


カシミア×ストレッチの異次元体験

近年のスーツ素材の進化には、目を見張るものがある。なかでもカシミアにストレッチ性を持たせた生地は、軽くなめらかで温かく、さらに窮屈感とも無縁。これまでのスーツの着心地を覆す未体験の快適さは、オン・オフをより充実させてくれるはずだ。


味あるヴィンテージチェックで渋さと彩りを

クラシック回帰の流れから脚光が集まるチェック柄のなかでも、この秋冬特に注目したいのが’60~’70年代風のヴィンテージチェックだ。味わい深い渋さが大人を感じさせると同時に、どこか懐かしい表情には親しみを抱かせる。貫禄がありつつも人を威圧しないスーツである。


都会で秋色ブラウンに染まれ

グレー、ネイビーに並ぶ男の3大基本色ブラウンのスーツが、今季トレンドに浮上している。英国カントリーの代表色ゆえ、土臭くならない合わせを心がけるのが都会で着こなすポイントだ。自然色ならではの優しく落ち着き払ったエレガンスは、ブラウンスーツでしか味わえない。