名作を昇華した会津桐と金沢箔の照明YAMAGIWA TALIESIN-J


照明 日本の美と邂逅した名作照明の新たな可能性

オマージュとは、真に尊敬する人物の作品を自らのなかで昇華させ、新たな価値を生み出すこと。過去を真似るのは容易だが、そこに独自の視点を加えて蘇らせるのは、誰もができることではない。

会津桐が持つ絹のような光沢と金沢箔の持つ品格ある輝きが、華やかな奥ゆかしさを感じさせる。2018年12月31日までの期間限定で販売。洋金箔¥600,000、金箔¥1,000,000(yamagiwa tokyo TEL:03-6741-5800)

YAMAGIWAは、生誕150年を迎えた近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの名作照明「タリアセン2」への3つのオマージュ作品を製作。坂茂(建築家)、橋本夕紀夫(インテリアデザイナー)、groovisions(グラフィックデザイナー)という日本が誇る才能が独自の視点を加えて完成させた。そのひとつ、橋本が手がけた「TALIESIN-J」は会津桐と金沢箔を採用することで、日本の美とライトの普遍的エッセンスを調和。時代を超えた才能の邂逅(かいこう)が、ここに実現した。

Direction=島田 明 Text=編集部 Photograph=隅田一郎

*本記事の内容は17年12月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。 14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)