持ち主を高める名品7選【一生モノ図鑑】

本物を知り、滅多に出合えない希少な逸品を吟味する。己の感性を高める一生モノの名品を、幅広い分野からピックアップした。


TRIUMPのスピードツイン

英国が誇る二輪メーカー、トライアンフの115年以上に及ぶ歴史のなかでも1938年に開発された「スピードツイン」は、革新的なパラレルツインエンジンを搭載して大ヒットを 記録した名車だ。一時期生産を中止していたが、今年久々にニューモデルを発表。空冷式に見えながらも水冷式にアップデイトされているなど、クラシックなスタイルを最新の走りで楽しめる。¥1,517,482(トライアンフ/トライアンフコールTEL:03・6809・5233)


LOUIS VUITTONの鞄

世界的プロダクトデザイナー、マーク・ニューソンが手がける「ホライゾン」シリーズの新作「ホライゾン ソフト」は、ダッフルバッグとトロリーケースを融合させたユニークなデザイン。フレームに完全に収まるハンドルはバッグ外側に取りつけ、広い収納スペースが確保されている。「ローリング ダッフル55」H55×W32×D25cm。¥291,000(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトンクライアントサービスTEL:0120・00・1854)


ARNE JACOBSENのエッグチェア

後世に多大な影響を与えたデンマークの建築家アルネ・ヤコブセンが、コペンハーゲンのSASロイヤルホテルのためにデザインしたエッグチェア。その誕生60周年を記念した限定モデルは、上質なヌメ革を使用。オーナーの個性を表現するかのように経年変化するチェアは、世界的なデザインアイコンを体感できる。W86×D79-95×H107cm。世界限定 1958脚。¥1,650,000(フリッツ・ハンセン/フリッツ・ハンセン青山本店TEL:03・3400・3107)


TALIESIN©のライト

POLYGON(右)
右:巨匠フランク・ロイド・ライトの代表的な照明器具「タリアセン」を、世界的クリエイターに再解釈してもらうオマージュ企画。建築家の伊東豊雄氏が手がけた「タリアセン ポリゴン」は、同氏が建築に用いる多面体を採用。3種類のアクリル製多面体が重層的に連なり、光を拡散して空間を幻想的に照らしだす。W46.9×D41.8×H202.8cm。 ¥1,200,000

Particle-T2(左)
左:「Particle-T2」と名付けられたモデルは、彫刻家の名和晃平氏が担当。基本的なデザインはそのままに、光を反射する炭化ケイ素で覆うことで、鉱物的かつ武骨なテクスチャーを表現。光の粒子(Particle)が集約したさまが表されている。W40.8×D 40.8×H203.8cm。¥4,000,000(ともにヤマギワTEL:03・6741・5800)


PAUL McCOBBのテーブル

ミッドセンチュリーに活躍したアメリカの伝説的デザイナー、ポール・マッコブの名作コーヒーテーブル「プランナー」をフリッツ・ハンセンが初めて復刻。細く繊細なスチールフレームに、厚さ20mmの大理石天板を載せたミニマルなデザインであり、天板が浮いているように見える。部屋を知的なエレガンスで満たすテーブルだ。上:¥193,320、中・ 下:¥152,280(ともにフリッツ・ハンセン/フリッツ・ハンセン青山本店TEL:03・3400・3107)




Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ