スポーツ観戦が変わる! 一体型VRゴーグル『Oculus Go』

IoTとは、Internet of Thingsの略。カメラやセンサーで得たデータを通信し、情報を視覚化。搭載されたソフトウェアを常に最新の状態にできるモノを指す。日々の生活を豊かにしてくれるIoT製品を紹介するシリーズ。

VR入門者にうってつけ! セオリーを覆す最先端IoT家電

「Oculus Go」は、スマホやパソコンにつなぐことなくVRを体感できるヘッドセット。スポーツ観戦ひとつをとっても、今までとは異なる楽しみ方ができる。ロシアW杯の際に、米国など一部の地域で楽しめたVRイベントアプリ「Oculus Venues」。本機を装着するだけで、スタジアムの客席からはもちろん、現実ではありえないゴール裏からの観戦も可能に。興奮して、つい大袈裟な動きをとったとしても、VRを楽しむ場がプライベートな空間なら問題ない。

家に居ながら仮想空間と現実を行き来できる。まるでドラえもんのひみつ道具『どこでもドア』のような感覚で、この先自分の視点をあらゆる場所へと誘ってくれるはずだ。

一体型のVRゴーグル。VR映像を表示するためのディスプレイやプロセッサ、メモリは本体に内蔵。操作コントローラーが付属する。ディスプレイは両目それぞれに5.5インチの高精細液晶パネルを配置し、解像度は2560×1440、538ppiに対応。 Wi-Fi環境下で稼動する。¥23,800(32GB)、¥29,800(64GB)www.oculus.com/go/


Text=滝田勝紀 Photograph=隈田一郎