世界が認めるクリエイティブ集団・チームラボの新感覚ミュージアムが誕生!

6月21日から東京・お台場に「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」がオープン。今、世界中からオファーが届き、各国で展覧会を開催するチームラボ。そのクリエイティブ集団によるアートとエンターテイメントの境界を取り払った、最先端のクリエイションとは――。  


鑑賞者が動くことでアート作品と一体化する

東京・お台場に世界が注目する新たな美術館が誕生した。それがデジタル技術を用いたアート作品を手がけるウルトラテクノロジスト集団・チームラボによる「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」だ。

花の森、埋もれ失いそして生まれる

館内に足を踏み入れると、まず目にするのが暗闇から色鮮やかな花々が咲き誇る「花の森、埋もれ失いそして生まれる」というタイトルの作品。人の動きをセンサーで認知し、立ち止まると花が咲き、動くと花が散る。この空間には順路が特になく、訪れた鑑賞者は摩訶不思議な迷宮を彷徨い、自身が作品の一部になったかのような錯覚に陥る。

作品への没入感は、ミュージアム全体を通して感じさせられるもの。他の美術館では絶対に体験できないものだ。それは額縁に収められ、ただ眺めるようなものではない。作品の一部となり、アートと一体化する。そんな今までにない体験だ。

チームラボ代表 猪子寿之氏

このミュージアムのテーマである「Borderless(ボーダレス)」について、チームラボ代表の猪子寿之氏は、「アート作品は定位置にあるのではなく、自ら移動し、人々と関係を持ち、他の作品とも影響し合う」と言う。ここでは、前述した極彩色の花の変化のように、象や虎、蝶などの生き物が空間を自由自在に移動する。そして通常の美術館にあるような作品と作品を仕切る壁や枠、また順路が存在しないため、その光り輝く生き物に誘われて進む人もいれば、自らの好奇心のままに好きな道を進む人もいる。まるで境界のない迷路に迷い込んでしまったようだ。

10,000㎡という圧倒的な巨大空間は、「Borderless World」「チームラボアスレチックス 運動の森」「学ぶ!未来の遊園地」「ランプの森」「EN TEA HOUSE」の5つのコンテンツで構成される。それぞれ異なる世界観が広がり、いずれも鑑賞者の五感を強く刺激する。

自分の想像もしなかった世界に身を置くことで「その人の固定概念を外し、価値観をほんの少しでも広げたい」と言う猪子氏の言葉通り、ここで繰り広げられるデジタルアートは、鑑賞者を新たな世界へと導いてくれる。

作品が縦横無尽に動き、人が触れることで変化が起こったりするような複雑な構成を可能にしたのは、520台のコンピューターと470台のプロジェクター。そもそもチームラボが、2001年に5つのディスプレイを買って始めたことが、今回のプロジェクトにつながっているのだ。そしていずれの作品も決して完成ではなく、これからも進化を続けていくという。

このデジタルアートミュージアムは、現時点におけるチームラボの集大成であり、最新型だ。ここを訪れることは、ボーダレスなアートの世界を体感することであり、未知なるクリエイションに出会うことである。未来に触れることができる貴重な機会を逃してはならない。

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス )
会場:お台場パレットタウン(東京都江東区青海1-3-8 )
開館時間:11:00〜21:00、金曜・祝前日 11:00〜22:00 、土曜 10:00〜22:00、日曜・祝日10:00〜20:00
※最終入館は閉館の1時間前。営業時間はシーズンによって異なる
休館日:第2・第4火曜日
料金:一般¥3,200
※7/31(火)までは期間限定オープン記念チケット ¥2,400円(一般) 

Text=小林真理子(ゲーテWEB編集部)