規格外のネイチャーライフを体感できる、世界の極上グランピング3選

世界規模のネイチャーライフはとにかくスケールが大きい! 聖域に身を置き、絶景と対峙するグランピング(グラマラス×キャンプ)施設を紹介する。


アマニカス

インド北西部のランタンボール国立公園に近接したジャングルに、突如として現れるのがアマニカス。ムガール様式の天蓋つきテントが10張りのみ建ち、密林にいながらも、アマンならではの快適な滞在とホスピタリティを受けられる。サファリに最適な5~10月のみオープンするため、ヒョウやクロコダイルに加え、希少なベンガル虎に出合える可能性も!

AMAN-I-KHAS
1室2名1,200US$~
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-i-khas  (日本語)

シンギタ エクスプローラー

キリマンジャロの裾野に広がる世界遺産セレンゲティ国立公園。ヌーの大移動で有名なこの地で、私設保護区を持つのがシンギタ グループ。そのなかでも最高峰のグレードを誇るのがエクスプローラーだ。私設保護区は規制が少なく、オフロードで自由なサファリ体験が可能。宿泊するテントも移動式で、昼夜を分かたず大自然により密接して滞在できる。

Singita Explore
1室1~3名4,125US$~(予約は最低2泊~)
https://singita.com/lodge/singita-explore/


ロンギチュード131°

先住民族アボリジニの聖地ウルル(エアーズロック)を有するウルル・カタ・ジュタ国立公園内にあるサファリテント。環境に配慮された15張りのテントはウルルに面し、ベッドやバスルームからその姿を眺められる。特に大地とウルルが赤く染まる夕暮れ時は絶景。国立公園は世界遺産のため新規ホテルの参入が難しく、圧巻の眺望はここでしか味わえない。

LONGITUDE 131°
1室2名1,500AU$~(予約は最低2泊~)
https://longitude131.com.au


Text=江藤詩文