【ULTRA JAPAN 2019】超豪華! "世界で最も稼ぐ"トップDJが大集結!!

2014年に初上陸し今年で6年目を迎える「ULTRA JAPAN 2019」。超豪華アーティストの出演に、アップグレードしたVIP専用のチルアウトスペース。さらなる進化に必見の都市型ダンスミュージックフェスティバルが、今年も9月14日(土)、15日(日)の2日間、お台場で開催される。


世界屈指のDJプレイを体感せよ

開催6年目となり、すっかり定着してきた「ULTRA JAPAN」。1999年からマイアミで開催されているビッグイベント「ULTRA MUSIC FESTIVAL」がその発祥だ。

この「ULTRA MUSIC FESTIVAL」が2013年に15周年を迎えた際には、6日間で30万人以上を動員! 毎年大物アーティストが出演し、開催1年前に販売される早割チケットは即完売してしまうほどの人気となっている。

昨年日本で行われた「ULTRA JAPAN 2018」では10万人を動員。これは国内で行われるダンスミュージックフェスティバルとしては最大級。これまでにSkrillex、Afrojack,、David Guetta、Zeddなどの大物アーティストが出演し、会場を大いに盛り上げてきた。

音楽だけでなくファッションやアートなどのカルチャーを巻き込み、多くの人たちを魅了し続ける「ULTRA JAPAN」。様々な方面から注目を集めるフェスであるが、やはり毎年話題となるのは超豪華アーティストの出演だ。

アメリカの経済誌Forbesが発表した「世界で最も稼ぐDJランキング2019」。その中にランクインする世界のトップDJが「ULTRA JAPAN 2019」に参戦する。年収3000万ドル(約32億)ともいわれるSteve Aokiをはじめ、年収1200万ドル(約12.5億)のAfrojack、年収1150万ドル(約12億)のDJ Snakeなど、ダンスミュージックシーンの最先端で活躍しているツワモノばかり。世界のトップDJたちによるパフォーマンスを間近で体感する貴重な機会なのだ。

ほかにも、再始動後、日本初登場となるThe Return of Dash Berlinや、各地のULTRAでも人気を博すサイケデリックトランス・ユニットInfected Mushroom、Drum&Bass界で常に注目を浴び続けるNetskyなど、その顔ぶれは豪華絢爛!

今年のVIP専用「ULTRA LOUNGE」は、メインステージエリアを見渡すことのできるワンランク上のロケーションに設置。専用barでドリンクをオーダーし、ゆったりとした気分でステージを楽しむことができる。そして、VIPのさらに上をいくVVIPというプレミアムラウンジが設置されているのがULTRAの醍醐味でもある。一般のルートでは販売されていない、入手困難な特別チケットが必要となるが、その特別なチケットを手にした超大物VIPたちが集うラグジュアリーな空間が広がり、最高のパーティーになること間違いない。

様々な人たちを熱狂させる「ULTRA JAPAN 2019」を今年も見逃すな。

ULTRA JAPAN 2019
日程:9月14日(土)、15日(日)
開演:11:00 / 終演21:00 (開場10:00) ※雨天決行・荒天中止
開催場所:TOKYO ODAIBA ULTRA PARK II(お台場ULTRA JAPAN特設会場 / 江東区青海)

ULTRA JAPAN 2019の詳細はコチラをクリック