世界で人気のブティックホテルが日本初上陸! 「ホテルインディゴ箱根強羅」誕生!!

1月24日に満を持してオープンした「ホテルインディゴ箱根強羅」は、全客室に温泉水の和式風呂を完備し、男女共用の大浴場もあり、高いデザイン性を持つ。世界で100軒を超えるホテルを展開し、欧米で人気を博すライフスタイル・ブティックホテル「ホテルインディゴ」が箱根に吹き込む、新たな息吹とは?


箱根強羅を味わい尽くす、泊まれるアート世界

「ホテルインディゴ」は、街のストーリーテラーのように、その街のスピリットを凝縮したデザインやサービスが特徴だ。日本初上陸となった「ホテルインディゴ箱根強羅」では、どんなスタイルが見られるのか。

立地は桜の名所として有名な早川沿い。全客室(98室)の8割を占めるリバーサイドの客室(スイートルーム4室含む80室)にはプライベートな屋外露天風呂を完備し、その絶景を独り占めできる。その土地ならではのストーリーをインテリアやアートワークの細部にまで落とし込むのが「ホテルインディゴ」の面白いところ。部屋のヘッドボードアートには、1919年創業の地元の老舗写真スタジオとのコラボレーション作品が設えられ、懐かしさと新しさが融合した個性的なインテリアを楽しめる。

地元とゆかりある食材を使った、美食エンターテインメント

ダイニングとバーラウンジを併設した『リバーサイドキッチン&バー』も必見だ。寄木をイメージしたデザインを散りばめた「火」がテーマのオールデイダイニングと、箱根の清流をイメージした「水」がテーマのバーラウンジは、箱根強羅という街に根づくデザインに。前者はダイニング中央に大きなオーブンを配し、炭と薪を併用し、地元業者から仕入れる足柄牛、小田原の市場から届く新鮮なシーフード、そして地産の野菜などのグリル料理を楽しめる。後者では、小田原みかんを使ったフレッシュな「みかんのミモザ」や、鎌倉ビールとコラボレーションしたクラフトビール「INDI 五(インディゴ)」などのオリジナルドリンクなど趣向を凝らしたラインナップだ。

男女共用の温泉大浴場で、新時代のマインドフルネスを

お楽しみは、水着で楽しむ温泉大浴場だ。ここは男女で共用できるので、家族やカップルで一緒に寛げるのが大きな特徴。大浴場内を彩る、箱根の四季を再解釈した温泉デジタルアート(季節毎の4バージョン、各30分)は圧巻! 深さ1.2mの「立ち湯」を歩いたり、ジェットバスで横になって寛いだり、ラウンドカウチでのんびりしたい。

もちろん、客室にも温泉水の和式風呂が備えられ、箱根らしいホテルライフを存分に堪能できる。さらに、タイの高級スパブランド「HARNN(ハーン)」のスパも用意しており、箱根強羅のオリジナルメニューに注目したい。

箱根強羅という地に来たからこそ味わえる体験を、「ホテルインディゴ」が再解釈することでユニークな個性を持った「ホテルインディゴ箱根強羅」。まだ知らない箱根強羅の魅力に出会えるはずだ。


ホテルインディゴ箱根強羅
住所:神奈川県足柄下郡箱根町木賀924-1
TEL:0120-056-658
アクセス:小田急ロマンスカー「箱根湯本」駅より箱根登山バスで「宮城野橋」まで約15分
オーナー:GHS
客室数:98室  
https://hakonegora.hotelindigo.com/  


Text=谷内田美香(ゲーテWEB編集部)