成金感は絶対にNG! 上品にゴールド小物を一点使いする方法【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。  


ゴールド小物のススメ

今回おすすめするのは「高見え小物」。ユニクロのコートでもZARAのスーツでも小物にちょっとこだわるだけで一気に印象は高見えします。

おすすめはこちら、DIGAWELのクラッチバッグ。日本の職人ブランドDIGAWEL、洋服類も人気ですがバッグやレザー系小物類などが大得意。極上の本革を使って高級感あるアイテムをラインナップしています。あまりメジャーなブランドではありませんが、是非チェックしてみてください。

こちらアイテムの特徴はなんといって「ゴールド金具」。ほんのわずかなポイントなのですが、シンプルなクラッチバッグ/ドキュメントケースにこうしたゴールドが入っていると一気に高級感を帯びて感じるもの。

ゴールドは扱いが難しいものです。ロレックスなどもそうですが全面に打ち出したゴールドはどうしても成金感が強い。「高級感」はOKなのですが「成金感」はNG、ファッションは何事もToo Muchを嫌います。

スポーツテイストが好きだからとジャージにジョガーパンツにスニーカーにキャップを合わせたらトレーニングウェアになるでしょう? ミリタリーが好きだからと全身軍モノで合わせたら軍人になっちゃう。ファッションにおいて「やり過ぎ」はとにかくNG、程よいバランスを見るのが重要です。

ゴールドも全く同じ、使い過ぎれば目立ち過ぎれば成金感が出てしまい、下品でうるさい印象になる。「お金持ち」には見えるかもしれませんが「おしゃれ」には見えません。もしあなたが自分をおしゃれに見せたいと思うのならゴールドはアクセントとして使わねばなりません。そしてそれはDIGAWELのバッグのような「ちょい見せ」程度の装飾が好ましい。

こちらのタッセルローファーも最近好んで使っています。RAINMAKERのタッセルローファー。クラシカルなデザインですがタッセル部分にゴールドパーツがあるため、ここだけで高級感が生まれます。ゴールドはこのくらいのいポイント使いでも十分目立つもの、なにしろ反射して煌くものですから。思う以上に目に留まりやすいのです。

秋冬のこの時期はどうしても上下暗い色で統一しがちで地味になりがち。さらにメンズは着回しを意識してシンプルなデザインを選ぶことが多いのでどうにもつまらない着こなしになります。そこで、こうした「ゴールド小物」を一点でも良いので入れてあげるのがおすすめ。

今のトレンドは過剰にシンプルすぎるものを嫌う傾向にあります。アクセントを好み、装飾を求めるのが昨今の流行といっても、もちろんToo MuchはNG。わずかなポイント使いが求められるわけですが……そうした時に大人にとって「ゴールド」は比較的使い勝手が良いでしょう。柄や色で装飾をつけようと思うと安っぽさや子供っぽさがついてまわります。

もちろん上手に着こなせばそんな印象にもならないのですが、ちょっと間違えてしまうと大変なことに。しかしゴールドなら装飾館がありつつも高級感も担保してくれる。柄や色よりも大人っぽい印象で整えることができるのですね。

昨今はゴールド使いの小物が増えています、特に上記2アイテムはおすすめ。今年最後のお買い物、冬スタイルの味付けにゴールド小物を探してみるのはいかがでしょうか。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。