在宅ワークを効率よく! ダイソンのLEDデスクライト【IoT家電】

IoTとは、Internet of Thingsの略。情報を視覚化。搭載されたソフトウェアを常に最新の状態にできるモノを指す。そんな日々の生活を豊かにしてくれる、IoT製品を紹介する。

屋内でも自然光に近い光で過ごす

新型コロナウイルスの影響により在宅で仕事をする人もますます増えている今、デスクワークを効率よくこなすために手に入れたいのが、ダイソンのデスクライト「ライトサイクル モルフ」だ。 

古来、人は太陽の光とともに生きてきた。自然光は人体にとって重要であり、人工的な過度に明るい光は人体に悪影響を及ぼす。ダイソンの新作照明はスマートフォンと連携させることで、置かれた国や環境を検知し、現在地の自然光に近い光を再現。常に適切な光で照らすため集中力が長続きする。

また、ライティングを調整できるよう、アームと支柱が交差したデザインも独創的で美しい。

ダイソン ライトサイクル モルフ
ヘッド、アーム、支柱の接続部が360度回転し、さまざまな照らし方ができるLEDライト。手元をパワフルに照らす「タスクライト」、柔らかい間接照明の「インダイレクトライト」、絵画や美術品を局所的に照らす「スポットライト」、ブルーライトを抑えた「アンビエント ライト」の4通りの使い方が可能で、ライフスタイルに合わせて使える。GPS 機能に基づいた独自のアルゴリズムにより現在地の自然光をトラッキングし、60秒ごとに色温度と明るさを調整。暖色から寒色まで幅広い調光に対応している。

ダイソン ライトサイクル モルフ ¥66,000[価格は編集部調べ]


問い合わせ
ダイソン TEL:0120・295・731

Text=滝田勝紀 Photograph=隈田一郎