男の凛々しさ漂せるワイルドで品のあるフェラガモの靴

大胆に踵にあしらった、ブランドを象徴するガンチーニは、まるでカウボーイの拍車を思わせる。ワックス仕上げのアッパーレザーに、レザーソールは、V 字デザインの贅沢なラバーアイランドを採用し、グリップ力と耐久性に優れる。


機能が融合した斬新デザイン

今もアメリカのワイルド・ウエストに憧れる。それは19世紀後半、ゴールドラッシュの狂奔とカウボーイたちが荒野を駆け抜け、アウトローたちが跋扈(ばっこ)した、いわゆる西部劇の舞台となった時代だ。そこには大自然に囲まれた、男たちの大いなる開拓精神とロマンがあり、アメリカンスピリッツの根幹といえるだろう。イタリアを代表するフェラガモのブーツから浮かび上がったのは、意外にもそんな情景だったのだ。

大胆に踵にあしらった、ブランドを象徴するガンチーニは、まるでカウボーイの拍車を思わせる。ひと目でそれとわかる存在感とともに、後ろ姿は人馬一体となった男の凛々しさが漂う。そして、若きサルヴァトーレが自由の国アメリカに渡り、世界へとその名を広めたチャレンジ精神を彷彿とさせるのだ。


ややスクエアシェイプのラストは、爪先にボリューム感があり、踵のダブルガンチーニの特大オーナメントとも調和。ブーツ¥155,000、靴¥122,000(すべてサルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパンTEL:0120・202・170)


Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ