ダンヒルの「新定番」と「ロングセラー」【時を超えて愛されるにはワケがある】

ITにより瞬時にモノが拡散・消費される現在。 そんな時勢でも求め続けられるロングセラーと、流されず定番にならんとするモノがある。その時代を超越して愛される理由を紐解く。


ロングセラー
「デューク」のライダースジャケット
創業以来、ダンヒルは英国のモータリゼーションと密接な関係を築いてきた。バイクウェアもいち早く開発し、進化を重ねてきた本格派ライダースジャケットは欠かせない定番だ。新コレクション「デューク」の新作は、タンニン鞣しの重厚なレザーとヴィンテージ風のブラスジッパーを採用。ボックスシルエットでモダンかつ男らしく着こなせる。

ブルゾン¥550,000、セーター¥59,000、パンツ¥46,000、サングラス¥68,000、グローブ¥67,000(すべてダンヒルTEL:03·4335·1755)


新定番
キャバルリーツイルのチェスターコート
英国らしいチェスターコートは、騎兵隊の制服などに用いられる厚手のキャバルリーツイル製。クラシックな佇まいながらも、ボタンが露出しない比翼仕立てでモダンさも薫る。

コート¥360,000(ダンヒルTEL:03·4335·1755)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ ) Photograph=前田 晃(人物)、隈田一郎(静物)   Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI (The VOICE)