ON&OFF別! ずっと使える上質なバッグ12選【特集やさしい服】

使うほどに愛着が湧き、親密な関係になる鞄は人格を表すツールでもある。ゆえに上質なものを選ぶことは自己表現であり、相手に、そして地球にも敬意を表することでもあるのだ。 

ビジネスで持ちたい最旬バッグ6選

DUNHILL(右)
珍しい縦型のアタッシェは表面にあしらわれたウォルナット柄が気品あるアクセントとして映える。H43×W32×D9cm。¥626,000(ダンヒル TEL:03・4335・1755)

BERLUTI(中)
美しいブラウンのパティーヌ仕上げのバッグは、コバをネオンオレンジカラーで塗ることで遊び心をプラス。さり気ないモード感を添えることで装いもモダンな印象となる。H27×W38×D7cm。¥550,000(ベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120・203・718)

THE WARMTHCRAFTS-MANUFACTURE(左)
ベーシックなフラップタイプのブリーフケースは、深いネイビーのコードバンとゴールドの尾錠の組み合わせでビジネスシーンを端正に彩る。H30×W42×D10cm。¥500,000(ジ・ウォームスクラフツ-マニュファクチャー/TWCM TOKYO TEL:03・6252・5369)

FURLA(右)
ラミネート加工を施したレザーブリーフは、スリムでスマートな印象。背面にはスーツケースのハンドルにセットできるスリーブも備えている。H28×W36×D6.5cm]。¥70,000(フルラ/フルラ ジャパン TEL:0120・951・673)

FUJITAKA(中)
アンティーク仕上げのヌメ革を使用することで、ビジネスシーンにふさわしい落ち着きを演出。革の仕上げはもちろん、パイピングなどのディテールにもジャパンメイドのこだわりが宿る。H29×W40×D8cm。¥59,000(フジタカ/イケテイ ヴィラ TEL:03・3861・6276) 

TUMI(右)
多彩な収納スペースなど機能性はそのままに、レザーの高級感をプラスしたブリーフケース。H32×W41.5×D7.5cm。¥90,000(トゥミ/トゥミ・カスタマーセンター TEL:0120・006・267)


カジュアルに使いたい最旬バッグ6選 

FENDI(右)
ジャガードのFFモチーフのファブリックが目を引くバックパックは、レザーやナイロンをミックスすることで豊かな表情を醸しだす。フロントと両サイドにもポケットがあるため、収納力も抜群。H43.5×W31.5×D12cm。¥377,000(フェンディ/フェンディ ジャパン TEL:03・3514・6187)

BRUNELLO CUCINELLI(中)
パンチング加工のスエードが春夏らしい、軽やかな質感を表現。しなやかなレザーからはラグジュアリーなニュアンスも漂う。H45×W36×D22cm。 ¥390,000(ブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパンTEL:03・5276・8300)

ETRO(左)
全面にペイズリー柄をあしらったデザインもブラックを基調とした色ならシックなイメージに。H42×W27×D17cm。¥139,000(エトロ/エトロ ジャパン TEL:03・3406・2655)

LORO PIANA(右)
繊細かつしなやかなカーフスキンに、防水、防風仕上げを施したカシミヤのライニングをつけたリバーシブルのバッグは休日のスタイルを格上げするアイテム。H34×W40×D18cm。¥366,000(ロロ・ピアーナ/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店 TEL:03・3572・0303)

SALVATORE FERRAGAMO(中)
スマートな薄マチのトートは奥行きのあるトープグレーのレザーに気品が香る。H43×W41×D4cm。¥210,000(サルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン TEL:0120・202・170)

GIORGIO ARMANI(左)
ショートとロング、ふたつのハンドルを備えたトートバッグ。内側にはアルマーニ氏のサインがプリントされているのも心憎い演出だ。H35×W40×D14cm。¥87,000(ジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03・6274・7070)

Direction=島田 明 Text=いとうゆうじ Photograph=隈田一郎〈静物〉 Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)