エルメスでパーソナルオーダーできる乗馬用の鞍【オーダーメイド】

エルメスの歴史は1837年、パリの馬具工房からはじまった。その後、鞄などの皮革製品に軸足を移して今日までの成功に至ったのは周知のこと。エルメスにとって鞍は特別なアイテムなのだ。


人馬なくとも美しい匠の結晶

日本には「鞍上人なく、鞍下馬なし」という言い回しがある。まるで謎かけだが、それは人も馬も互いの存在を忘れてしまったかのように一体となった、見事な疾駆を言い表している。乗馬においてはそれほどまでに、人馬の一体感が問われるのだ。

エルメスが承る鞍のパーソナルオーダーは、そんな人馬をつなぐ最高峰のサービスだ。鞍で最も重要なのは人と馬、双方のフィット感。エルメスでは乗り手の体格や好みにフィットするシートはもちろん、装着する馬の背中に合わせた鞍じょく(背にかけるクッション部)を制作。時間的ノルマを課されない鞍職人が、納得いくまで最高峰のフィット感を追求して完成させる。

それはエルメスの軽やかなシルクスカーフのように、乗っていること、つけていることを忘れるほどの鞍に違いない。

エルメスのパートナーライダー」である馬術選手、ジェシカ・フォン・ブレドウーウェルンドゥルと共同開発した鞍「エルメス・アルベージュ」¥943,000~[オーダー価格]、鐙あぶみ¥64,000、馬場用鐙革¥38,000(すべてエルメス)


問い合わせ
エルメスジャポンTEL:03·3569·3300

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎  Styling=久保コウヘイ