古閑美保の常時100切りレッスン ~ドライバー編① セットアップ~

常にスコア100をたたかないように! その目標を叶えるために聞いてきました。ツアー通算12勝を誇り、2008年賞金女王に輝いた、 あの古閑美保プロに! ツアープロとしての豊富な経験に加えて、 引退したからこそ見えてきたアマチュアが上達しない原因を、 シチュエーション別に披露。 “コガミホ流”を会得し、常に100は叩かないように!  第1回のテーマは、 ティーショットにおけるドライバーだ。


スイングよりも打つ前の準備が大事

正しいスイングの知識があっても、アドレスが間違っていればナイスショットなんて打てない。まずは自分にとっての“スクエア”を見つけることが第一歩だ!

古閑 最初に言っておきたいのが、”ゴルフの上達は練習量に比例する”ということです。ボールは止まっているし、カップも逃げない。だから自分が練習した分だけ上手くなれる。あとは、そもそも上手くいくものだと思っていることが間違い。常にナイスショットが出るものではなく、今日はナイスショットをたくさんしようくらいの気持ちがいいんです。

編集部 なるほど! では早速ドライバーのポイントから教えてください。

古閑 私は、ドライバーが一番やさしいクラブだと思っています。

編集部 曲がり幅が大きいのに?

古閑 一番長いクラブなので確かに曲がり幅は大きくなりますが、ティーアップしているし、ヘッドも大きいのでスイートスポットも広い。あとはホールの幅にさえ打てればラフだっていい。要はOBさえ打たなければいいんです。

編集部 まず何から覚えましょうか?

古閑 アドレスです。アドレスが間違っていたら、必ずミスショットにつながります。大切なことは自分にとってのスクエアをきっちり把握すること。それはボール位置だったり、手のポジションだったり、ティーアップの高さだったり……。正しい準備を行うことで、”大きなミスを小さなミスへと幅を狭めることが大事なのです。


【POINT.1】
一般的には左足のかかと線上がドライバーの基本のボール位置といわれている
が決まりではない。気をつけるべきは、常に同じ位置にセットすること。

【POINT.2】
スタンス幅が肩幅よりやや広め。広すぎても狭すぎてもよくない。ドライバーだ
からといって広げすぎると、逆に身体の可動域が狭まって動きにくくなる。

【POINT.3】
自分にとってのボールの基準位置を決めるべき。「私の場合は左足のかかとの前が基本のボール位置です」。調子が悪いとラウンド中に右に置いたり、左に置いたりしがちだが、常に同じ場所にセットすることが大切だそう。古閑プロの場合、左足をややオープンに構えるので写真では左足かかとよりも内側に見える。

正しい構えがナイスショットの条件です!

【POINT.4】
グリップエンドと身体の間隔を常に一定にする。「グリップエンドと身体の間のスペースを常に同じにすることもアドレスでは重要なポイントです。私の場合は離れているほうで、コブシ1個半くらい」。古閑プロは離れて立つ癖があるため手元が下がりやすいが、手元は高い位置にあるハンドアップが好ましい。グリップエンドと身体の間隔を常に同じにできれば前傾角度をキープすることができる。この間隔が狂うと前傾角が崩れ、軌道もバラバラになる。

私のベストはコブシ1個半の間隔です!


【これも重要!】
ティーアップも自分に合った高さに統一する。古閑プロはもともとボールが上が
りやすいため、ボールの3分の1程度がヘッド上部から出る感じでティーアップしている。

【これも重要!】
緩まないようにグッと握る。「私はわりとぎゅっと握るほうです。ずれるのが嫌なんです」。左手はフック、右手はスクエアに握り、フェースを返しやすくしている


Direction&Text/出島正登 Photograph/小林 司 Cooperation/カメリアヒルズカントリークラブ

古閑美保の常時100切りレッスン ~ドライバー編②~



古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック