【キーワード別】今春のスーツ&ジャケット選びの基準~色・柄編~

時代の変化は、意識せねば気づかないもの。仕事服の要、スーツ&ジャケットも同じだ。漫然と着ていると、いつの間にか取り残される。そんな進化するスーツ&ジャケットを最新キーワード別に紹介。旬の1着を装い、新たな春、新たな時代のスタートを切りたい。

1.アイビー復活!? 今注目のマドラスチェック

この春夏、アイビーやプレッピーテイストが復活している。なかでもマドラスチェックのジャケットは袖を通したい旬の1着だ。鮮やかながら色数を絞り、同系色でまとめたマドラスを吟味し、ビジネススタイルをリフレッシュしたい。チルコロのアイビー・ジャケットは、水彩画のような、にじみが美しいマドラスチェック。カットソー地へのプリントで快適このうえない。

ジャケット ¥63,000(チルコロ 1901)、シャツ ¥25,000(ジャンネット)、タイ ¥13,000(エレディ キアリーニ/すべてトヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567)パンツ ¥29,000(ベルウィッチ/アマン TEL:03-6805-0527)バッグ ¥73,000(シャンボール セリエ/八木通商 TEL:03-6809-2183)眼鏡 ¥39,000(フォーナインズ TEL:03-5797-2249)


2.ONに着こなしたいカラード

ピーコック革命から約半世紀。メンズスタイルに鮮やかな色彩が戻ってきた。オンタイムにも新潮流をぜひ取り入れたいが、ソリッドカラーは避けるべき。鮮やかな色とシックな色で構成されたチェック柄をチョイスすれば、大人らしくエレガントに装える。イザイアの新作ジャケットは、コンパクトで軽やかな「カプリ」モデル。涼しく軽いウールシルクリネンのサマーツイードは、深いベリーレッドとグレーで構成したチェック柄で、定番のグレーパンツと抜群に合う。

ジャケット ¥320,000、シャツ ¥44,000、チーフ ¥17,000、パンツ ¥62,000(すべてイザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03-6447-0624)靴 ¥134,000(サントーニ/リエート TEL:03-5413-5333)時計 ¥3,220,000(ヴァシュロン・コンスタンタン TEL:0120-63-1755)


3.伊達男にラフさを加えたホワイト

ホワイトはこの春夏のトレンドカラーのひとつ。ジャケットも増えているが、着こなす際注意すべきは気障にならないようにすることだ。そこで有効なのが敢えてラフさのあるアイテムを合わせること。気障とラフさが調和し、上品かつ新鮮な装いが完成する。ナチュラルなホワイトで着やすいブルネロ クチネリのジャケットは、強く撚ったリネン100%糸で織った生地を使用している。夏に快適なハリとコシを備え、高密度で繊細な表情が非常にエレガントだ。肩パッドを用いないアンコン仕立てで、羽織るような着心地。

ジャケット ¥315,000、ベスト ¥165,000、シャツ ¥83,000、タイ ¥32,000、チーフ ¥27,000、パンツ ¥125,000、ベルト ¥272,000、バッグ ¥105,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300)


4.大人の渋みを増加するタバコブラウン

ビジネススーツにおける第三の色ブラウンは、大人らしい落ち着きと渋みを演出してくれる。だが、やや重みがあるので春夏には不向きだったが、試してほしいのが今季のトレンドであるタバコブラウンだ。赤みがかったやや明るめのブラウンは軽快感とリラックスした雰囲気があり、サマースタイルの清涼剤ともなる。

ジャケット ¥64,000、ベスト ¥26,000、パンツ ¥26,000、シャツ ¥14,000、タイ ¥12,000(すべてブルックス ブラザーズ/ブルックス ブラザーズ ジャパン TEL:0120-185-718)ベルト ¥36,000(イザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03-6447-0624)靴 ¥54,000(デュカルス/インターブリッジ TEL:03-5776-5810)
スーツ ¥120,000(タリアトーレ/トレメッツォ TEL:03-5464-1158)シャツ ¥15,500~〈オーダー価格、3月中旬発売予定〉、タイ ¥6,500、チーフ ¥3,500(すべて麻布テーラー/Y&Mプレスルーム TEL:03-3401-5788)ベルト ¥36,000(イザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03-6447-0624)靴 ¥130,000(サントーニ/リエート TEL:03-5413-5333)
スーツ ¥132,000(ラトーレ/エディット ウェアハウス TEL:03-6256-0297)シャツ ¥32,000、タイ ¥14,000(ともにブリューワー/コロネット TEL:03-5216-6521)ベルト ¥30,000(シャンボール セリエ/八木通商 TEL:03-6809-2183)靴 ¥134,000(サントーニ/リエート TEL:03-5413-5333)


5.シンプルが際立つワントーンコーディネイト

ここ数年、クラシックスタイルで提案されているワントーンコーディネイト。そのミニマルでモダンな雰囲気は、ビジネスシーンにおいても洗練されたストイックな印象を与える。Vゾーンの色柄合わせに気を砕くだく必要もないゆえ、ぜひトライしてほしい。繊細な光沢を湛たたえるゼニアのシルクウールのブラウンスーツは、やや淡めで軽快感のある色調。同色のシルク混シャツとタイを合わせても重々しくならず、ストイックでスマートな印象を与える。すっきりしたシルエットの「シティ」モデルであり、若々しさも漂う。

スーツ ¥456,000、シャツ ¥75,000、タイ ¥24,000、バッグ ¥90,000、靴 ¥89,000、手に持ったコート ¥453,000(すべてエルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス TEL:03-5114-5300)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)Photograph=前田 晃〈人物〉、隈田一郎〈静物〉Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)