ホラン千秋がうっとり! 新しくなった 「マンダリン オリエンタル 東京」の客室

仕事で多忙なビジネスパーソンが、ふと閃きを得られる場所を見つけに、毎月ホラン千秋さんが突撃取材! ラグジュアリーホテル、パーソナルジム、インテリアショップなど、話題の新スポットをいち早くご紹介する。


和素材と匠の素材による上質な空間

2005年のオープン以来、国内外のVIPに愛されているホテル「マンダリン オリエンタル 東京」。今回、開業以来初の全179室の改装が終了したと聞き、早速行ってきました!

開業時から続くデザインコンセプト「森と水」が春の芽吹きを迎え、成長・成熟したことを表現した今回の改装で、室内は以前より明るいトーンに。こだわりのファブリックは、今回も日本の染色産地で作られたオリジナル。藤棚の繊細な刺繍が施されたベッドのヘッドボードや、花吹雪柄をあしらったソファの生地、またカーペットは雲や風を筆で描いたような織柄と、デザインはもちろん肌触りも上質です。さらに竹ひごを細かく編んだスタンドや、金沢の箔職人による金箔や銀箔を施した家具など、細部にまで日本の美を表現しています。

そんな日本伝統の技だけではなく、TVはスマートフォンと接続して音楽や映像が見られるIPTVシステムを導入するなど、最新の機能も充実。そして嬉しいのが、お部屋に用意されているオリジナルガイド。近隣の日本橋の老舗や、春は桜、秋は紅葉の名所がイラストで紹介され、その土地の文化に根ざしたホテルづくりを目指すマンダリン オリエンタルの理念「センス・オブ・プレイス」が、そんなところにも表れているんです。

今年はなんと日本で初めて5年連続でフォーブス・トラベルガイドのホテルとスパの部門で5つ星を獲得したマンダリン オリエンタル 東京。世界が認めた最高の居心地とホスピタリティを、ぜひ新たなお部屋で体験してください!

ドレス¥316,000、スカーフ¥17,000、バッグ¥135,000、シューズ¥108,000、ベルト 参考商品(すべてエトロ/エトロ ジャパンTEL:03·3406·2655)

Text=牛丸由紀子 Photograph=福田直記 Styling=カワダイソン Hair & Make-up=COCO(関川事務所)