バリーの「新定番」と「ロングセラー」【時を超えて愛されるにはワケがある】

ITにより瞬時にモノが拡散・消費される現在。そんな時勢でも求め続けられるロングセラーと、流されず定番にならんとするモノがある。その時代を超越して愛される理由を紐解く。


ロングセラー
スニーカー 「ギャラクシー」シリーズ "ガビノ"
現在、多くラグジュアリーブランドがスニーカーを取り揃えている。その先駆けが、1983年にバリーが発表した「ギャラクシー」だ。衝撃を吸収するポリウレタンミッドソールや、クッション性に優れるEVAインソールを採用。ブランド最軽量の設計により、抜群の履き心地を実現。ドレスシューズのようにスマートなフォルムやレトロなカラーリングは、大人の休日の足元に最適だ。

スニーカー¥47,000(バリー/バリー 銀座店TEL:0362645471)


新定番
ブリーフケース「ドラフト」
なめらかな肌ざわりのレザーを用いたブリーフケース「ドラフト」は、端正なデザイン。アイコンのバリーストライプがさりげなく凝らされており、定番的な普遍性とモダンさを兼ね備えている。

バッグ【H28×W37× D12cm】¥159,000(バリー/バリー 銀座店TEL:0362645471)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ )  Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ