英語で「甘党」ってなんていう?~35歳・英語力ゼロのロンドンいきなり移住体験記⑳

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めて渡英した元編集者。「その英語力でよく来たね(笑)」と日本人含め各国人からお叱りを受けつつ、覚えたフレーズの数々。下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。「人のEnglishを笑うな」第20回!

連載1回目の記事はこちら


朝方の、大家襲来

先日、家の天井から水が漏れてきました。建物が古いのと上の階のリノベーション工事が原因と思われます。これまで備え付け電子レンジの故障、キッチンの水漏れ、火災報知器が鳴り出して止まらない、お湯が出ない、ドアが開かない、などなど、アパートの不備がたくさんあり、その都度大家に連絡し、業者を呼んでもらっていました。

今回も大家にメールをすると、翌日土曜日の朝7時に、突然彼はやってきました。「どこが漏れているか見せて」ということでしたが、こちらは起き抜けで働かない頭に加えて、そもそもとっさだと未だ英語が全く出てきません。無言で漏水箇所を案内、ここから水が伝って、ここら辺に落ちた、という説明をほぼ言語なしで表現し切りました。

大家は「わかった、業者呼ぶね」と言って帰って行きましたが、今考えれば一体どうやってジェスチャーだけで漏水の詳細を伝えられたのか、自分でもわかりません。そういえば最近「君のジェスチャーはわかりやすいね」とイギリス人に言われたことがあります。あれは暗に英語が下手だね、と言っていたんだと思います。

その大家訪問の約2時間後、二度寝に入った頃に、早速業者がやってきました。「いつから漏れてるんだ」と聞かれ"few days ago(数日前)"と言いたいところ、ぼーっとした頭でなぜか"few years ago(数年前)"と言ってしまい、業者の人を大混乱させてしまいました。

"That’s it"がとっても便利な理由

街中で、かなり高い頻度で聞こえてくるフレーズがいくつかあります。あまりに毎日聞くフレーズは、調べるまでもなく意味がなんとなくわかってくるものです。

そのうちのひとつが“That’s it”です。

宿題や仕事が終わったとき、クラスメイトが言う“That’s it”

レストランで隣の席の人が、店員さんの“anything else?(他にご注文は?)”に対して言う“That’s it”

最初は直訳して「それはそれ」ってなんのこと? と戸惑いましたが要は「以上です」と言う意味だと理解しました。実際に「これで終わり」を表現する時に使うようです。ケンブリッジの辞書の例文は以下のようになっています。

Well, that's it, we're done. We can go home now.

「よし、これで終わりだ。家に帰れるぞ」という、仕事終わりのシチュエーションが目に浮かびます。

旅行先でタクシーに荷物を積みこんでもらい「他に荷物は?」と聞かれた時、先述のようにレストランで、また突然意見を求められ、結びの言葉がわからない時。

“That’s it”=以上!

ですべてを終了できるので、とても便利な言葉です。

一方で怒りながら“That’s it. I don’t want to hear your voice ”といえば、

「もうこれ以上お前の声なんて聞きたくない!」

という表現になるので、場合によってはきつい印象を与えます。レストランなどで使う場合は“That’s it. Thank you”と「ありがとう」を付け足す方がいいかもしれません。

また“That’s it!”にはYesを強調する意味もあります。これも会話の流れでなんとなく意味はとれると思いますが、例えばこうなります。

"I can't remember his name."
 "I think it was Boris Johnson."
 "Yes, that's it."

「あの人の名前が思い出せない」
「ボリス・ジョンソンじゃない?」
「それそれ!」

「まさしくそれだよ!」とか、文脈によっては「それな」「激しく同意」のようなニュアンスにもなります。

「甘党」ってなんていう?

半年通った語学学校を卒業する際に、お世話になった先生たちに、どら焼きを配りました。地下鉄の中で、むしゃむしゃとどら焼きを食べる方を何度か見かけていたので、ロンドンの人たちにも親しみのある和菓子なのかな、と考えたのです。

数人の先生は「これはなに?」と聞いてきましたが、一方で知っている方も多く、一人の先生はどら焼きを見るなりこう言いました。

“Oh I have a sweet tooth! "

sweet toothと言われて「甘い歯?」と一瞬思いましたが、これは「私は甘いものが大好きなんだ」という表現でした。日本語でいう「甘党」にあたります。

以前チリから来た女性に、磯辺焼き煎餅をあげてみたら“Weird!(変な味!)”と言われたことがありましたが、日本の甘いお菓子は割と受け入れやすいようです。ちなみにこれまで日本限定だった抹茶味のキットカットが最近イギリスでも購入できるようになり、それまで日本から逆輸入して一袋10ポンド(1,400円)以上で購入していたUKの愛好者たちは今、とっても喜んでいます。

街のスィーツ売り場はハロウィン仕様に変わってきています。味のある画風のチョコレートを見つけました。左は蜘蛛だそうです。言われないと全然わかりませんでした。
MOMOKO YASUI
ロンドン在住編集・ライター。1983年生まれ。男性ライフスタイル誌、美術誌、映画誌で計13年の編集職を経て2018年渡英。英語のプレスリリースを読むのに膨大な時間がかかって現在、仕事が非効率。


Illustration=Norio



縦・横って英語で言える?

"Do you have a fiver?"って?

【35歳・英語力ゼロの私がロンドンに移住したら】シリーズをまとめて読みたい人はこちらをクリック!