チェック柄のジャケットにはブルーのシャツにタイを締めて着こなす【秋のジャケット】

クラシック回帰という近年の流れを汲む最旬ジャケットが、チェック柄。なかでも大柄のものはモダンに見え、 ビジネススタイルのスパイス的役割も果たす。ただしカジュアルに振れがちゆえ、タイドアップが着こなしの鉄則だ。


存在感あるチェック柄でビズスタイルをリフレッシュ

大柄のチェックのなかでも、ここ数シーズンで増えているのが色味を効かせたもの。よりモダンな雰囲気があり、今季ぜひトライしたい1着でもある。そんなチェックジャケットは柄自体に存在感があるため、白で浮き立たせるのではなくサックスブルーのシャツを合わせ、全体に馴染ませると着こなしやすい。

右:ジャケット¥380,000、シャツ¥49,000、タイ¥41,000、チーフ¥25,000、パンツ¥78,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300) 中:ジャケット¥150,000(リングヂャケット マイスター)、シャツ¥36,000、タイ¥24,000、パンツ¥80,000(すべてリングヂャケット ナポリ/すべてリングヂャケットマイスター206 青山店 TEL:03-6418-7855) 左:ジャケット¥310,000、シャツ、タイ、チーフすべて参考商品(すべてイザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウン TEL:03-6447-0624) パンツ¥65,000(リングヂャケット ナポリ/リングヂャケット マイスター206 青山店 TEL:03-6418-7855)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃(モデル)、隈田一郎(静物) Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)


【秋のジャケット】に関する記事はこちら⇩

ブラックジャケットは全身を黒で統一してコンテンポラリーに着こなす!

モードブランドのダブルジャケットならクラシックになり過ぎない!

保温性抜群! アウター感覚で着たいパディングジャケット

ヴィンテージ調のジャケットには同系色のものを組み合わせてモダンに!