ローマ法王は世界のスーパースター 『なぜローマ法王は世界を動かせるのか インテリジェンス大国バチカンの政治力』 徳安 茂 著


型破りな法王フランシスコ
にノックアウト!

『なぜローマ法王は世界を動かせるのか インテリジェンス大国バチカンの政治力』 徳安 茂 著 PHP新書 ¥880

カトリックでもない完全無宗教の私は、ローマ法王やバチカンについての知識はほぼ皆無でした。関心がないからわからない。わからないから怖いというマイナスイメージすら持っていたほど(罰当たりな私を神様どうかお許しください)。

よくよく考えれば、バチカンは12億人のカトリック信者を持つ世界最古にして最大宗派の総本山であり、ローマ法王はその絶対的トップ。世界経済に影響力があって当然なのですが、実際のところこんなにもディープに世界情勢に影響を与えてきたとは! と、そのマジカル・バチカンパワーに圧倒されます。さらに著者が言う、日本人だけが知らない「現ローマ法王フランシスコのスーパースターっぷり」に私も瞬殺されたのでした。

弱者を助け、憎まれっ子プーチンをいなし、質素でいて自由な生活を好む。多様性を受け入れ、威厳よりもユーモアや笑顔を見せるフランシスコ説法は、人気ロックスターのコンサートのような熱気と、人だかりを生む経済効果があるのだとか。彼の人間力でバチカンを変え、この混沌とした世界をよりよい方向に導いていってほしい、と極東の片隅で淡い期待を抱いてしまう1冊です。