ウブロの新作腕時計5選【LVMHウォッチウィーク in ドバイ】

LVMHグループのウブロ、ゼニス、ブルガリの3メゾンが、今年新たにスタートさせたドバイでの独自エキシビション。それが1月13〜15日に開催されたLVMHウォッチウィーク in ドバイだ。 このイベントは時計業界にいかなる影響を及ぼすのか? そして注目モデルは? 現地取材を敢行、3回にわたってレポートする。1回目はウブロ。

「ビッグ・バン」のブレスレット仕様に熱視線

例年1月のジュネーブやバーゼルで数多くの新作を発表してきたウブロ。今回のドバイでも多くの新作がお目見えした。そのなかでハイライトというべきが「ビッグ・バン インテグラル」だろう。

ウブロ躍進の起爆剤となったビッグ・バンの15周年を記念し、ケースとブレスレットが統合型デザインとなった新生ビッグ・バンが登場した。

リカルド・グアダルーペCEOは、こう語る。

「ブレスレットしかつけないユーザーを意識したことはもちろんですが、ウブロとしても新時代に突入したと感じられる製品ができたと自負しています」

ウブロにとって、世界で最も重要な市場のひとつである日本との関係性を強化するプランも明かしてくれた。

「4月末を目途に、銀座の一等地に“ウブロ・タワー”というべき大型ブティックを出店します。日本との絆がいっそう深まる年になるでしょう」


ビッグ・バン MP-11 14デイ パワーリザーブ レッドセラミック
鮮やかなレッドセラミック製ケースを採用。7つの香箱が約14日間のロングパワーリザーブを実現。多重円筒式バレル部分がせりだしたサファイアクリスタル風防も目を引く。

手巻き、セラミックケース、径45mm。世界限定100本。¥9,030,000[予価/6月発売予定]


スピリット オブ ビッグ・バン キングゴールド レインボー
トノーケースの「スピリット オブ ビッグ・バン」に、ラウンドカットとバゲットカットのサファイア、トパーズ、アメジストなどをセットし、贅沢なレインボーカラーを纏ったモデルが登場  。

自動巻き、キングゴールドケース、径42mm。¥9,920,000[予価/5月発売予定]


スピリット オブ ビッグ・バン メカ-10 ブラックマジック
ラウンドケースの「ビッグ・バン」に搭載され好評だった約10日間パワーリザーブとユニークなパワーリザーブ表示機構を持つ自社製キャリバーを、アイコニックなトノーケースに初搭載。  

手巻き、ブラックセラミックケース、径45mm。¥2,890,000[予価/8月発売予定]


ビッグ・バン ウニコ サンブルーⅡ チタニウム ブルー
タトゥーアーティスト、マキシム・プレシア-ビュシが主宰するスタジオ「サンブルー」とのコラボモデルが進化。彼らが用いるインクと同じブルーを文字盤とストラップに採用した。  

自動巻き、Tiケース、径45mm。世界限定200本。¥2,670,000[予価/6月発売予定]


ビッグ・バン インテグラル キングゴールド
格調高い赤みに加え、プラチナを配合し経年変化を抑えた独自素材18Kキングゴールドを採用。ケースもリデザインされ、統合型ブレスの装着性も快適。自社製キャリバー、ウニコ搭載。  

自動巻き、18Kキングゴールドケース、径42mm。¥5,560,000[予価/5月発売予定]


ビッグ・バン インテグラル オールブラック
ケースと融合したデザインのブレスレットを備えた、新生「ビッグ・バン」のモデル。スクエアタイプのプッシャーを採用。自社製クロノグラフキャリバー、ウニコ搭載。  

自動巻き、ブラックセラミックケース、径42mm。世界限定500本。¥2,440,000[予価/6月発売予定]


問い合わせ
ウブロ TEL:03-5635-7055

Text=まつあみ 靖