「ユニクロは嫌」「高級品も違う…」 日常使いに最適なビジネスウェアとは?【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。ビジネスパーソンにとって好印象を持たれることは非常に重要。そこでMBにビジネスに効く、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。


ユニクロ以上ブランド未満「PLST」のビジネスウェア

「PLST(プラステ)」というブランドをご存知でしょうか。

ユニクロを抱えるファーストリテイリンググループに属しており、駅ビルを中心に全国展開する中規模クラスのブランド。ファーストリテイリング傘下ということもあり、モノ作りのクオリティは高い。全部が全部同じというわけではないですが、一部ユニクロと生産背景を共有しているところも。

ただしこの「PLST」、いくら生産背景を共有しているからといってユニクロのようにスタンダードなファストファッションを提供しているわけではありません。感覚としてはデザイナーズブランドとユニクロの中間的存在。ユニクロではちょっと物足りない……けどブランド品まで手を出すのはもったいない、そんなアイテムを探す時におすすめです。

特にこのブランドが強化しているのはビジネスカジュアルウェア。ジャケットやスラックス、シャツやポロシャツなどで「ユニクロじゃちょっと安っぽい」「けど毎日使う消耗品だからこそ高級品までは望まない」……そんなジレンマを解決してくれます。

今年はいくつかオススメがありますが、一つはウォームリザーブのスラックス。

こちらは化学繊維を使った機能素材。伸縮性や形状維持性が高いため長時間着用してもシワができにくく、また細身シルエットを選んでも動きやすいのが特徴。この手の化学繊維系スラックスは屈伸により「膝抜け」することも多いですが、こちらはキックバック性が強いため膝抜けはほとんど見られない。消耗品としてヘビーユースするからこそこうした配慮は嬉しい限り。

そして肝心の見た目ですが、化学繊維感ある風合いがなく、遠目にはまるで天然のウールスラックスのような印象。色展開もビジネスシーンに対応しやすいカラーリングばかり、もちろんシルエットも細身で文句なし。そして値段は9990円。ユニクロから考えれば高いけれど、高級ブランドから考えたらとんでもなく安い。そして品質やデザインはどちらかといえば高級ブランド寄りです。日常使うビジネスウェアとしてはデザインも機能性もこれ以上なく優秀かと。

ジャケットもなかなかスゴい。蓄熱糸を使った保温性の高い素材はれっきとした化学繊維。それなのに、風合いはウールに近い綺麗な風合い。また肩パッドがなく着心地の良いアンコン仕立てですが、袖つけがしっかりとしていてシワがあまり出ない。リラックスジャケットやカーディガンジャケットなどの類は昨今市場にあふれているけれど、どれもシワ感が強くビジネスでは使いにくいものばかり。イージーな着心地は良いけれど、ビジネスにおいてシワが強くでるようなジャケットはどうしても安っぽく感じてしまう。肩パッドや芯材がしっかりとしているジャケットを経験したことのある人からすると物足りなく感じるもの。

ところがこちらはパッドもないのに綺麗にシワのない、まるで高級スーツのような風格があるのがポイント。コンシェルジュポケットなどの収納面も考えられており文句なし。値段はそれなりにするけれど、こちらも耐久性も高く防シワ。毎日使うものでここまでクオリティが高いのなら17000円は破格でしょう。

まだまだメンズの規模が小さく、駅ビルで見かけてもレディスばかり打ち出しが目立つかもしれませんが……メンズの特にビジネス系のアイテムはかなり頑張っている印象です。日々使うものだからこそ高級ブランドじゃなく耐久性の高いものが良い、けれどファストファッションは嫌……そんな風に考えている人は是非手を出してみてください。大手らしい安定感もあり、大ハズレがないラインアップになっているのも嬉しい限りです。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。



MBのファッション記事をまとめて読むにはこちらをクリック!

他人と差がつく! スーツの裏技3つ教えます

普段着スーツで差をつけるなら"無地シンプル"をやめよう!