ユニクロU新作のお薦めは、ジャージー素材のセットアップ【MB厳選】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、今投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。【最終回】

ユニクロ渾身のコレクション! 2020秋冬ユニクロU新作が登場

ユニクロの特別ライン「ユニクロU」の新作が発売されました。エルメスのデザインを手掛けたクリストフルメールとの協業、世界最高峰のデザイナーが手がける服が3000円から買えてしまう凄まじい企画です。今回もさっそく多くのサイズ・色が即日完売しておりメルカリで転売が始まる始末。初回のコラボから既に数年が経っていますが未だ人気が衰える気配がありません。

そんなユニクロUですが今回私がおすすめしたいのはジャージー素材のセットアップ。ユニクロUラインは普段ユニクロにこないようなファッション上級層に向けてアプローチする意味合いも強いため、デザインだけでなく素材に関しても一際気合を入れて展開されています。このセットアップもユニクロ既存の主力商品である「感動シリーズ」や「コンフォートジャケット」などに比べてもクオリティが一段高い。

ウールを混紡した高級素材ながらなんとジャケットで9,990円。見た目の風合いはご覧の通りツヤ感に富んでおり、3、4万のジャケットにも見えます。絶妙なサイズ感がルメールの持ち味でもありますが、今回のセットアップはジャケットが少しゆったり、スラックスはタイトと少し変わったバランスに仕上げています。ジャケットコート風に使うこともできますし、シャツを中に入れて色味を抑えてあげればONスタイルでも対応ができます。

また素材はウールだけでなく合繊が入っており、その分耐久性が高くシワにもなりにくい。ウールだけのスーツは風合いは立派ですがどうしてもケアが面倒なもの。クリーニングに出さなければテカりが出てしまうし、立ったり座ったりの繰り返しで膝裏などにすぐにしわがついてしまうのが難点。

そこでこうした上手に合繊を入れたスーツを選ぶと耐久性も高く、かつ見た目にも高級感がある。日常使いのスーツとしてガンガン気にせず使うことができるでしょう。

色はベージュとチャコールグレーの2色。

量販店の素材はやはり高級ブランドと比べるとチープなものが多く、それだけにベージュやグレーなどやや明るめの色を使うと安っぽさが目立ってしまう。服の色は黒や白だと安っぽさがごまかせます。黒は素材が潰れてみえるし白は素材が飛んで見える、生地の粗を隠すのにモノトーンはうってつけなのです。

しかし今回ユニクロUでは黒や白ではない、ベージュやチャコールなどの中間色が目立つ。これはルメール自身が中間色の提案が多いことにもよりますが、素材に自信があるからこそ出来るわけです。明るめの色で素材の風合いが伝わっても、安っぽく見せることがない、そう思うからこそ今回黒や白などのモノトーンが少なくなってるわけ。

素材もデザインも値段もユニクロ屈指のコレクション、まだ在庫あるうちに是非チェックしてみてください。

MB
MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。
気になる方はこちらをチェック