オデッセイ「ストロークラボ」は脱3パットの切り札になるのか?【検証ゴルフギア】

今季、プロの間でも話題を集めているのがツートーンのシャフトを装着したオデッセイの新作パターだ。 驚くべきその機能を紹介する!


振りの安定感が格段に向上

300ヤードを飛ばせるドライバーよりも、絶対に3パットしないパターが欲しい!

そんな、どこかのゴルファーが口にしていたことを、オデッセイの「ストローク ラボ」が実現してくれるかもしれない。

フェース面に搭載した最新インサートは、スムーズな順回転を可能にする構造として、高い評価を得ている。そして、そのヘッドが持つ機能を最大限に高めてくれるのがカーボンとスチールを複合させたシャフトだ。

ヘッドが重くなる時代に、イチからバランスを見直した。シャフト部を軽くし、ヘッド部とグリップ部を重くすることで、振りの安定感が格段に向上。またカーボンにより、打感が手に伝わりやすい。3パット撲滅の最終兵器といっていい1本だ。


POINT1. 最新鋭のインサートが綺麗な順回転を生みだす
高い評価を得ている最先端の「ホワイト・ホット マイクロヒンジ インサート」は、ステンレス素材を埋めこんだ進化版インサート。打ちだしてすぐに順回転になるため、芝目の影響を受けにくい球を打てる。

POINT2. カーボンシャフトが生む再現性の高いストローク
シャフトにカーボン素材を採用し、軽量化を実現。目的はバランスを整えるため。ヘッドが重くなりすぎると手元が動きにくくなるため、グリップ部も重くして、その問題点を解消。また、硬くすることでフィーリングを感じやすくなった。

シャフトにカーボンとスチールというふたつの素材を組み合わせた最新パター。ピンタイプからマレット、L 字マレットまで全18モデルをラインナップ。長さは33~35インチ。フィッティングして、最適なモデルを見つけたい。「ストローク ラボ」¥32,000


問い合わせ
キャロウェイゴルフお客様ダイヤル TEL:0120-300-147


Text=出島正登 Photograph=鈴木克典