ラウンドでの対話力を上げるゴルフ雑談ネタ18<OUTコース編>

ゴルフは会話が9割! 実は 18 ホールの中で、打つ時間は合わせても たったの15 分程。残りの時間はカートに乗りながら会話したり、待ち時間だったりするもの。でも、そんな時に会話に入れないとますますプレッシャーが……。ここではゴルフに精通した国際ジャーナリストの蟹瀬誠一氏と、旬なギアに詳しいクラブアナリストのマーク金井氏に聞いた雑談力が上がる18ネタを紹介。まずは前半戦!

HOLE.01 スコアの60%は125ヤード以内!

朝イチのドライバーショット前は、みんな緊張して力んでしまうことが多い……。そんな時には、米国ツアーで82勝を挙げた名手サム・スニードの名言「スコアの60%は125ヤード以内」の話を。"1打目は曲げてもリカバリーできる"と思えば気軽なスタートが切れる!?

HOLE.02 バンカーを狙えばバンカーに入らない!

スコアメイクの天敵ともいえるバンカー。でも、ゴルフ界には昔から"バンカーを狙えば、バンカーに入らない!"という言葉がある。初級者ならバンカーを狙うと球が曲がりグリーンに乗っちゃう、なんてことも!? 冗談半分で、バンカーに惑わされた時に!

HOLE.03 女子プロ初のレディスクラブでメジャー制覇した選手は?

今年、女子ツアーでは"史上初の事件"が起きた。一般的に女子プロは男性用クラブを使う。だが、今季の海外メジャー初戦「ANAインスピレーション」では、パーニラ・リンドバーグがレディスクラブ(G Leドライバー)を使って優勝! こんなプチ情報は女子ウケも。

HOLE.04 タイガー・ウッズは嫌なことを10歩で忘れる

ツアーに完全復帰したタイガー・ウッズ。怪我やスキャンダルなど、さまざまなトラブルがあったが、タイガーは「嫌なことは10歩、歩いたら忘れる」と語る。同じ方向にミスショットした人と一緒にボールを探しに行く時には、そんなタイガーの話題をぜひ。


HOLE.05 発祥の国スコットランドではゴルフ禁止令が出ていた!

「ゴルフって楽しいですね」なんてフツーの会話はキンモツ。そんな時には気の利いたウンチクを! ゴルフ発祥の国・スコットランドでは国民がゴルフに熱中しすぎるために、15世紀にはゴルフ禁止令が出されていたんだって。今も昔もゴルフはオトナを虜にするのだ。


HOLE.06 今、ツアーではピンのドライバーが大注目!

ファッションと同じようにゴルフメーカーにも流行があり、最近でいえばピンが人気! 今年の男女の海外メジャー初戦に勝った選手は両者ともピンを愛用。昨年の日本ツアー賞金王、賞金女王もピンだった。ラウンド中に「いいクラブ、ない?」と聞かれた際に!


HOLE.07 一流プロには"ボールを打つ"感覚はない!

ラウンド中に盛り上がる話題といえば、やっぱりスイング理論。「この前、プロがこんなことを言っていたよ」なんて話をすると会話も弾みやすい。雑誌や動画サイトを頻繁にチェックしよう。ちなみに、最近多いのが、一流プロには"ボールを打つ"感覚はなく"クラブを振り切る"ことを意識している、ということなんだって。


HOLE.08 プロゴルファーには釣り好きが多いという噂はホント?

クルマが好きだったり、時計マニアだったり、ゴルファーには多趣味なオトナが多い。趣味の話題になったら「プロゴルファーは釣りがブームらしいですね」なんていう話を! 松山英樹、小田孔明、佐伯三貴、香妻琴乃など、日本のプロは釣りにハマっているらしい。


HOLE.09 古閑美保は小平智のためにリビングにはパターマットを用意!

ゴルフ界のオシドリ夫婦といえば小平智と古閑美保。4月には小平が日本人5人目の米ツアー優勝を飾ったが、実はリビングにはパターが苦手な小平のために古閑が練習用のパターマットを置いていたそう。そんな"ちょっとイイ話"はランチ中の会話にいかが!



蟹瀬誠一
国際ジャーナリスト。1950年石川県生まれ。AP通信社の記者などを経て、テレビで活躍するキャスターに。51歳からゴルフをはじめて、今やベストスコアは73。東京クラシッククラブの専務理事も務める。ゴルフの格言に精通する。


マーク金井
クラブアナリスト。1958年大阪府生まれ。ゴルフクラブ解説の第一人者としてゴルフ雑誌、ゴルフ番組などで活躍。東京・神田に「アナライズ神田スタジオ」(www.analyze2005.com)をオープンして、最新クラブのデータ診断も行っている。


Direction & Text=野中真一 Illustration=湯浅 望