【特集・勝負服】ビジネスパーソンが絶対に知っておくべき秋冬トレンド<アイテム編>

〝機先を制する〞とは勝負事に関する箴言だが、それはファッションにも当てはまる。最新のトレンドを把握しておけば、 モノや店の選択に迷わなくなり、より高いレベルで追求できるからだ。そこでビジネスパーソンが知っておくべき2018年秋冬シーズンのトレンドを紹介する。 


今季のスーツに合わせる仕事鞄はクラシックなダレス
今季スーツのトレンドは英国調が主流。なかでもツイーディでクラシックなスーツには、昔ながらのダレスバッグが好バランスだ。蛇腹式の内装を備えるなど実用性が高い逸品もあるので、これを機に揃えたい。

各¥190,000(フジタカ ギャラリー/イケテイヴィラTEL:03・3861・6276)


日本人に似合う日本人デザイナーのハット
英国調がトレンドの今季、ぜひトライしたいのがソフトハット。日本人の頭のかたちを熟知した日本人デザイナーの逸品は、フィット感が抜群なだけではなく、やや短めのブリムなどで大仰にならないのが魅力だ。

各¥34,000(キジマタカユキTEL:03・3770・2174)


休日のネクストバッグはオールレザーのウェストポーチ
ウエストポーチがこの秋冬、久々に復活している。腰に巻くだけでなく肩がけするなど、アクティブな使い勝手は休日にうってつけだ。大人らしく持てるオールレザーで、必需品を軽快に持ち歩ける小ぶりのものを選びたい。

各¥32,000(アエタ/アルファPR TEL:03・5413・3546)


大人らしく着こなせるミリタリーはムートンのボンバージャケット
今季旬のミリタリーアウター。なかでもムートンを用いたボンバージャケットを選べば、ラグジュアリーな表情でハードになりすぎない。ジーンズではなくウールパンツと合わせるのもエレガントに着こなすポイントだ。

¥628,000(モンクレール/モンクレール ジャパンTEL:03・3486・2110)


ハズしアイテムにはスポーティすぎないニット素材のスニーカーを選択
今季はスーツやジャケットに、スポーティなハズしとして合わせたいスニーカー。最新のニット素材のものはミニマルなデザインが魅力であり、スポーティになりすぎないため、スーツなどにも合わせやすいはずだ。定番のデニムだが、今季は大人らしく上品な着こなしが新鮮だ。コットンではなくウール製の最新デニムは、カジュアルさとエレガンスをバランスよく併せ持ち、デニムスタイルに新風を吹きこんでくれる。

手前:スニーカー¥85,000、パンツ¥110,000、奥:スニーカー¥85,000、パンツ¥66,000(すべてロロ・ピアーナ/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店TEL:03・3572・0303)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ Photograph=前田 晃(人物)、隈田一郎(静物) Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)