ブルネロ・クチネリ氏が指南するフレッシュな服装術3

「5歳若く見える服」を追求するブルネロ クチネリ。成熟した男の落ち着きと知性に裏打ちされたフレッシュな服装術の実例を紹介する。

「Vネックをチルデンに変えればスポーティに見違えります」

ジャケットの定番インナーであるVネックセーター。これをトレンドであるチルデンセーターに変えると、特徴的なネック部分のラインがスポーティな若々しさを醸しだす。また同じく今季旬のサファリジャケットを羽織れば、冒険好きの少年のような瑞々しさを演出できる。

セーター¥92,000、ジャケット¥275,000、T シャツ¥36,000、パンツ¥84,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパンTEL03・5276・8300)


「レタードTシャツならジャケットがより若く見えます」

ジャケットのインナーにT シャツを合わせる着こなしは、エバーグリーンな常套テクだ。レタードプリント入りならより若く見えるが、ネイビーベースを選び、ボトムスのパンツとワントーンにすれば大人らしくまとまる。

ジャケット¥340,000[スーツ価格]、T シャツ¥45,000、ポロシャツ¥60,000、チーフ¥20,000、パンツ¥92,000、靴¥155,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパンTEL03・5276・8300)


「スーツを新鮮に見せたいならマウンテンパーカが効果的です」

肌寒さが残る春、スーツに羽織るアウターといえばコート。そのタイプはさまざまだが、ドレスコートではなくマウンテンパーカを羽織ればアウトドアテイストの若さを演出できる。ただし、ハイテク系ではなく、スーツと好相性なマテリアルとデザインを選ぶのが鉄則である。

シルクブルゾン¥390,000、スーツ¥520,000、ベスト¥142,000、T シャツ¥56,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパンTEL03・5276・8300)
Brunello Cucinelli
1953年イタリア・ウンブリア州生まれ。学生時代に当時革新的だったカラーカシミアを発表し、’78年に創業。本社ソロメオの修復事業と自社を上場企業へと成長させた経営者でもある。

Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)  Photograph=前田 晃 Styling=久保コウヘイ  Hair & Make-up=YAS(MØ)