"跳ね馬"フェラーリが誇る最強エンジンの集大成【NAVIGOETHE】

V8エンジンをミドシップするフェラーリはいつの時代もクルマ好きの憧れだ。488GTBの後継として登場したこのモデルも、F1直系の技術で乗り手の気持ちを高ぶらせる。


Ferrari F8 TRIBUTO

フェラーリのV型8気筒エンジン搭載のスポーツカーを手に入れる、最後のチャンスかもしれない。

「F8トリブート」という車名のF8とは、これまでのすべてのフェラーリ製V8モデルを意味し、トリブートは英語のトリビュート。すなわち、同社のV8エンジンの歴史に敬意を表したモデルなのだ。

フェラーリにはもうひとつ、ポルトフィーノというV8搭載モデルがあるが、あちらはエンジンをフロントに積む後輪駆動、カジュアルに乗れるGTカー。

一方 F8トリブートは F1と同じくエンジンを背後に積む、ミドシップのピュアスポーツだ。 

3.9ℓのV8ツインターボは最高出力720ps、最大トルク770Nmと超ド級。最高速度は340km/h。

F8トリブートの次期型は「ハイブリッド車になる」とフェラーリは既にアナウンス。エンジンだけで走るモデルを廃止するとは明言していないが、その可能性は少なくないだろう。

集大成ということで、最高出力720psは、同社のV8で最も強力。そしてリアウィンドウは F40、テールランプは308と、これまでのV8ミドシップスポーツカーのデザイン上のモチーフをちりばめた。

最後のV8ミドシップ。過去のフェラーリの記念碑的なモデルが高騰中、という卑しい考えが、凡人の頭には浮かぶ。

小径ハンドルがクイックな動きを予感させる。ハンドルに車両制御のスイッチが集まるのはF1譲り。


問い合わせ
フェラーリジャパン TEL:03-6890-6200


Text=サトータケシ