職人技術の真髄を感じるジョンロブのドレスシューズ【ゲーテの新定番】

エレガンスと質実剛健さを併せ持ち、英国紳士靴を代表する高級靴ブランド、ジョンロブ。2020年のイヤーモデル「ストランド」に足を通せば、ジョンロブが"キング・オブ・シューズ"と呼ばれる由縁を体感できるだろう。


伝統と革新が織りなす新たなエレガンス

伝統とは不変ではない。決して変わらない軸を中心に、進化の螺旋を絶えず昇っていくものである。ジョンロブのドレスシューズ「ストランド」を見るにつけ、そう思わずにはいられない。

靴の守護聖人サンクリスピンの日である10月25日に、ジョンロブが毎年発表しているイヤーモデル。2020年のモデル「ストランド」は、一見クラシックなウィングチップシューズである。

だが、そのアッパーは、なんと螺旋状にカットされた一枚革。これを熟練職人が約6週間を費やして立体的に成形し、ひと息に縫い上げて完成させるという、驚くべき技術が注がれているのだ。まさにジョンロブならではの伝統的技術と革新的発想が結実した1足である。

たった一枚の革で表現されているとは信じ難いほどだが、写真のアクリル板のような形状の革を成形。スマートな新しい木型を採用する。シリアルナンバー入り、世界限定750足。¥360,000


問い合わせ
ジョンロブジャパン TEL:03-6267-6010


Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎