人気バイヤーが二度見した! 見た目ドレスで履き心地はスニーカーのONOFF兼用シューズ

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、今投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。

GUで二度見したハイブリッドシューズ

先日GUで二度見したアイテムがこちら。

GU ライトソールドレスシューズ ¥2,990

まるで高級シューズブランド「コールハーン」の様。アッパーはフォーマルなプレーントゥシューズで、ソールはスニーカーライクなクッションソールを使ったハイブリッドなアイテムです。

GUは本家ユニクロが苦手とする靴カテゴリーを埋めるべく数年前からラインナップを強化しています。3000円で買える革靴、数百円で買えるスリッポンなどを揃え、靴関係者の度肝を抜いてきました。革靴はもちろん合皮で、当初は「合皮だから馴染みが悪く靴ずれしやすい」「風合いがいかにもビニールっぽい」など揶揄されていましたが……。

近年はそういった声を蹴散らそうと中敷を独自開発し、合皮ながら歩き心地を良くしたり、裏地に肌あたりの良い生地を貼り付け靴ずれを防いだり、風合いも本革と見間違えるほどリアルなものを使用したりと開発に力を入れています。

その甲斐あってか最近ではアパレル関係者でもGUの靴を履いている人を見かけるようにすらなりました。

さてそんなGUの靴ですが、単なる革靴、単なるスニーカーだけでなくこうしたハイブリッドなアイテムまで手を出してきているので驚きです。

見た目は綺麗なプレーントゥシューズで、どんなスタイルにも合わせやすいスタンダードなもの。本革ライクな風合いは今季さらに進化し触り心地から見た目に至るまでもはや区別がつきません。

それでいてソールはスニーカーソールを使っており歩き心地抜群。さらに靴ずれを起こしやすいシュータン部分にはクッション材を入れるなど柔らかく仕上げるように工夫されています。実際に着用して過ごしてみましたが、旧来の合皮シューズとは比較にならないくらい履き心地も歩き心地も良い。

さらにスニーカーソールはかなり薄く仕上げており、スーツスタイルに合わせてもギリギリ違和感がありません。裏をひっくり返すとスニーカーソールであることが分かりますが、普通に過ごしていればほぼ完全にドレスシューズのツラです。スラックスに合わせても、しっかりフォーマル顔でいられるでしょう。ONOFF完全に兼用できるシューズです。

カラーバリエーションは黒や茶などのスタンダードな色だけでなく、スエードを模した起毛タイプも展開。これがまた本革ぽくて良い感じです。

「合皮のシューズなんて履けるかよ」と思う人もいるでしょうが、それはかなり昔の価値観。今ではハイブランドでも合皮を活用しています。バーバリーもステラ マッカートニーもコム・デ・ギャルソンも合皮を採用しています。本革の質感や経年変化を楽しむ過程ももちろん大きな魅力ですが、安く手頃に様々なアイテムを楽しめる合皮にもたまには手を出しても良いのではないでしょうか。

MB
MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。
気になる方はこちらをチェック