脱・手打ち、脱・3パット、曲がらない球を打つ方法etc【自宅でゴルフ猛特訓まとめ】

世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子・吉田洋一郎による、最新ゴルフレッスンコラム。今だからこそやるべき、おうちでできる特訓法をまとめてお届けする。

3パット撲滅! 片手打ちパッティング練習

ゴルフの練習は、練習場でボールを打つだけではない。自宅にいても練習する方法はいくつもある。むしろ、間違ったフォームで何百球打つより、ボールを打たずに基本の動きをチェックしたほうが上達の近道になることもある。今回は家の中でできる、ゴルフクラブを使ったスイング練習法を紹介しよう。  

パッティングが苦手な人の多くは、手首や手などの末端部分を使って打っているため、インパクトの強さやフェースの向きが不安定になってしまう。特に利き手である右手を使いすぎる、手打ちパッティングになっている。

こうした器用すぎる利き手に悩んでいるのは、何もアマチュアだけではない。よりデリケートなタッチが要求されるプロゴルファーは、アマチュア以上に利き手の動きを抑えるのに苦労している。パターにはさまざまな握り方があり、ユニークな握りをするプロもいるが、多くの場合、それは右手の動きを抑えるために編み出した握り方なのだ。

続きはこちら

曲がらない球を打つ!クラブを使わない自宅練習法

特にスライスが出てしまう人や、方向性が定まらない人向けに、自宅でクラブを使わずにできる練習方法をご紹介したい。

球が曲がってしまう人は、いわゆる「手打ち」の状態にある。手打ちの定義は、腕や手を振って体の動きとバラバラになってしまう、「体と腕のシンクロ」が崩れている状態をいう。本来、腕や手は主導的に動くべきではないが、人間の本能として器用な腕や手を使ってしまう。そのため、腕が体の正面を外れてしまい、クラブが振り遅れたり、過剰に腕を振り戻したりして、その時々のタイミングによって右にも左にもボールが曲がる。スイング中、「主」として動くのは体、「従」は腕というプログラムを体に覚えこませることができれば、ボールの曲がりは激減する。この「体と腕のシンクロ」を身につけるのに適した、クラブを持たなくてもできる練習ドリルを2つ紹介しよう。

続きはこちら

自宅でできるクラブを使った、ビジネスゾーン管理術

ゴルフスイングのチェックポイントはいくつかあるが、クラブフェースの向きは重要なポイントだ。特にインパクトの瞬間、フェースがどこを向いているかによって球の打ち出し方向はもちろん、球筋まで変わってしまう。とはいえ、インパクトの瞬間のフェースの向きは肉眼ではとらえられない。フェース面の向きを測定できる機器を使用できる環境でなければ、クラブがトップの位置でフェースの向きを確認したり、球筋からフェースの向きを推測したりするだけの人が多いのではないだろうか。

プロの間ではスイングの弧の下半分、腰から腰までの高さをビジネスゾーンと呼ぶ。腰から下の軌道とフェースの向きをコントロールすることが、プロとして稼げるようになるために欠かせないため、このような呼び名となった。アマチュアも球筋を安定させるために、ビジネスゾーンのフェースの向きやクラブ軌道などを適切にする、「ビジネスゾーン管理」は欠かせない。

続きはこちら

手打ちを解消する、歩きながら素振りとは?

ゴルフを始めたての頃、下半身を止めて上半身の回転で打つように指導された人は多いかもしれない。クラブをボールに当てるだけなら、パッティングのように下半身を止めて上半身の動きだけでクラブを振るほうがボールに当たる確率は上がる。しかし、パッティングのような動きではボールが飛ばないため、飛距離を出すために下半身を使うことは欠かせない。しかし、ゴルフスイングにおいて「下半身を使う」という感覚は意外と難しい。

多くのゴルファーはクラブを持っている手や腕の意識が強く、下半身を意識できないだろう。意識できたとしても、下半身を意識しすぎて足や腰が必要以上に動いてしまい、球筋が不安定になったり、下半身を動かすタイミングが適切ではなく、結局手や腕でクラブを操り手打ちになっている人もいる。

今回は、飛距離を伸ばすことはもちろん、手打ちの解消にもなる、下半身を使ってスイングする感覚を磨く練習法を紹介しよう。クラブを持つ必要もなく、自宅でもできるので、テレワークの合間に行ってみてほしい。

続きはこちら

プロのスイングを見て学ぶ方法

ラウンドの際に同伴者から「スイングが早い」「打ち急いではいけない」と注意された経験はないだろうか。そのため、ゆっくり振ることが正しいと思っている人は多いかもしれない。

テレビなどでゴルフツアー中継に出てくるプロのスイングを見ると、ゆっくり振っているように感じる人もいるだろう。しかし、実際にプロのスイングに合わせて素振りをしてみると、そのスピードについていけるアマチュアはほとんどいない。ツアープロのスイングは、体と腕の同調性が高く、体の中心が動いて末端が動くのでゆっくり振っているように見える。逆に末端を使っているスイングは一見速く見えるが、実際のスピードはそれほど速くはない。

もちろん男子のトッププロと同じスピードでスイングすることは難しいが、女子プロゴルファーのスイングにもついていけないのではないだろうか。それくらい、アマチュアのスイングは総じて遅いのだ。

続きはこちら

吉田洋一郎
吉田洋一郎
欧米のゴルフスイング理論に精通するゴルフスイングコンサルタント。世界4大メジャータイトル21勝に貢献した世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターを2度にわたって日本へ招聘し、世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。また、欧米の一流インストラクター約80名に直接学び、世界中のスイング理論を研究。海外ティーチングの講習会、セミナーなどで得た資格は20以上にのぼる。シングルを目指すアマチュア、トップアマ、ツアープロまでアスリート志向のゴルファーを指導。2019年ゴルフダイジェスト・レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。
気になる方はこちらをチェック