高級感がありながら手頃な価格! アパレル界で話題の「D2C」ブランドとは?【MB厳選】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。

アパレルで大流行中の「D2C」という業態

Direct to Consumerの意で、製造するメーカーやブランドが消費者に直接販売する形式のことです。通常メーカーは商社や小売店など様々な中間業者を介して最終消費者に届けることをしますが、当然その分無駄も多く利益構造も複雑になり価格が高くなりがちです。インターネットが発展、浸透し、メーカーが直接消費者に販売しやすくなったこと、職人や工場など商社を介さずにあらゆる生産者に直接アプローチしやすくなったことなどによりD2Cの業態は発展を見ています。

誤解を恐れず簡単に表現するなら「工場直売」みたいなものですね。無駄がないぶん安く良いものが手に入るため我々消費者には有難い仕組みです。

スニーカー、メガネ、Tシャツなどなど様々なジャンルでD2Cが流行していますが、今回私がおすすめしたいのは「スーツ」です。FABRIC TOKYOという日本が誇る代表的なアパレルD2Cブランドが最近人気を博しています。

スーツはビジネスパーソンにとっては「消耗品」です。生涯で何枚も何百枚も袖を通すものだからこそ手頃な価格であることが求められる。しかしまたその反面ビジネスパーソンにとって「ステータス」を表すものであるからこそ、見た目の存在感、美しさ、重厚感を求める必要もあります。安物のペラペラスーツではネガティブな印象を与えてしまうこともあるでしょうからね。

「高級感がありながら、手頃な価格であること」この相反する欲求を成立させるためにやはりD2Cが一番です。

そんなD2CブランドであるFABRIC TOKYOが提供しているスーツはなんと「オーダー」。上質素材のオーダースーツで4万円ほどの価格を実現しています。ユニクロのオーダースーツでさえ上下で2万円ほどするのに(しかもパンツはオーダーできない)、本格素材のオーダースーツで4万円。百貨店で買うなら10万円してもおかしくないくらいのクオリティです。

人気モデル「MODEL X」。化学繊維を程よく混紡した素材を使い、耐久性や防シワに特化したモデルとなっています。ただ、こうした耐久性特化型のスーツはどうしても化学繊維の安っぽさが目立つもの。「MODEL X」は、ウールを混紡し、天然繊維の見た目を実現した本格スーツになっています。オーダーならではのシルエットの美しさと相まって、高級スーツにも負けない面構えに。これほんとコスパ凄いです。

こだわりのある人は「AUTHENTIC」。こちらのモデルは化学繊維を使わないウール100%の生地でイタリア製の高級スーツを思わせるような風格ある印象。80番手の細糸を使った極上の素材感は美しい艶を含んでおり10万円以上クラスの高級品にも見えますが、価格は6万円ほど。これ激安ですよ……。

基本購入は通販のみ。全国に展開する店舗で採寸し、その後、サイズはクラウド管理されます。通販では保管されたサイズをもとに注文ができるため一度採寸すればリピート購入も楽チン。サイズ変更や修正などのアフターサービスも徹底的に用意されておりストレスのないビジネス構造。

百貨店で採寸してもらい高級オーダースーツを作るのももちろん「体験」としては良いですが……なるべく賢く安く高級品を手に入れるならD2Cスーツブランドがおすすめ。特にFABRIC TOKYOはサービスまわりから品質までぬかりない作りとなっておりイチ押しです。全ビジネスパーソンにおすすめします。

MB
MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。
気になる方はこちらをチェック